カテゴリー「栗本薫」の9件の記事

2007年11月14日

相関図ジェネレータでみっくみく

 相関図ジェネレータでいろいろ作ってみたよ。

 あとこれの他に『暴風ガールズファイト』と『キミキス pure rouge』については各記事に追加で入れておいたので暇と興味がありましたら見てやってください。

続きを読む "相関図ジェネレータでみっくみく" »

2007年9月24日

「そう、あたしたちはこんなにも変てこなライトノベルを愛しているのだらよ」投票

まだ誰も投票されていないようだけど……もうゴールして投票してもいいんだよね? では、ぺたりんこ。

極楽トンボ@まいじゃー推進委員会! さん主催、

への投票です。

続きを読む "「そう、あたしたちはこんなにも変てこなライトノベルを愛しているのだらよ」投票" »

2005年9月 3日

ヤーンの朝 グイン・サーガ103:栗本 薫

(サイドバーの「読んだもの」より移動)

  • 栗本薫 著: ヤーンの朝
    栗本薫 著: ヤーンの朝
    年齢2桁のじいさま達は赤ん坊にご執心。年齢3桁のじいさま達は英雄にご執心。

    これで、また、ぼくたちは、《振り出しに戻》ったんだよ。――そうして、また何もかもあらたにはじめられるんだ。

    記憶を無くしたグインはそれを象徴する(Tarot の The Fool のイメージそのままの)マリウスと再会し物語はやっと進み始めます。 2005年8月13日 (★★)

続きを読む "ヤーンの朝 グイン・サーガ103:栗本 薫" »

2005年7月13日

火の山 グイン・サーガ102:栗本 薫

(サイドバーの「読んだもの」より移動)

  • 栗本 薫: 火の山 グイン・サーガ102
    栗本 薫: 火の山 グイン・サーガ102
    イ シュトに続きスカールまで(笑)。みんなガキになって拳(つーか剣だが)で語り合ってすっきりさわやか。雨降って地固まるですね。いや、そんな事よりアリ ストートス久しぶりに登場して大活躍(?)。グラちーも形無し。どうせならアリを表紙にすれば良かったのに。 2005年6月11日 (★★)

続きを読む "火の山 グイン・サーガ102:栗本 薫" »

2005年6月23日

北の豹、南の鷹 グイン・サーガ101:栗本 薫

(サイドバーの「読んだもの」より移動)

  • 栗本 薫: 北の豹、南の鷹 グイン・サーガ101
    栗本 薫: 北の豹、南の鷹 グイン・サーガ101
    プログラマブルな(?)グイン君。スカールの賞賛も(それを知る読者から見ると)痛々しいばかり。マリウスも本領発揮しはじめたしイシュトのハッスルぶりも楽しいしグラちー爺さんは間抜けていて笑えるし。
    偉大なるサブキャラのアルド=ナリスと星船にケリを付けキャラクター達の内省の時が来て、やっと話が始まった感が……って101巻にしてやっとかい。(笑) 2005年5月15日 (★★★)

続きを読む "北の豹、南の鷹 グイン・サーガ101:栗本 薫" »

2005年5月26日

豹頭王の試練:栗本 薫

(サイドバーの「読んだもの」より移動)

  • 栗本 薫: 豹頭王の試練
    栗本 薫: 豹頭王の試練
    100巻達成だけど繋ぎの巻。最後に意外なあの人が!
    これにカメロンが加わればグイン・サーガ三大良い男揃い踏みですな。 2004年4月27日 (★★)

続きを読む "豹頭王の試練:栗本 薫" »

2005年4月27日

ルードの恩讐:栗本 薫

(サイドバーの「読んだもの」より移動)

  • 栗本 薫著: ルードの恩讐(ハヤカワ文庫 JA 781)
    栗本 薫著: ルードの恩讐(ハヤカワ文庫 JA 781)
    100巻まであと一巻。『七人の魔道師』で書かれているグインとイシュトバーンの対立がここで確定されたわけですが何と哀しい経緯で。たくさんの物を得ても何も得られたと感じられないイシュトバーンは元よりたくさんの物を得ても自分だけは得られないグインにしても。図太くふてぶてしい女性陣――おおむね不幸ではありますが――に比べて(マリウスも含め)メイン男性キャラ達の精神的ひ弱さが哀れ。つうか三人とも恐妻家ですか。かといい妻と関係の良かったレムスやアルド=ナリスは自爆しちゃうし。
    それで『豹頭王の花嫁』は150巻目あたりになるのかな? (^^; [2005年2月11日] (★★★)

続きを読む "ルードの恩讐:栗本 薫" »

2005年4月10日

蜃気楼の旅人:栗本 薫

(サイドバーの「読んだもの」より移動)

  • 栗本 薫著: 蜃気楼の旅人(ハヤカワ文庫 JA 773)
    栗本 薫著: 蜃気楼の旅人(ハヤカワ文庫 JA 773)
     グイン・サーガ98巻。設定が一周して再び記憶を失ったグインがノスフェラスからモンゴールへと……。
     もっとも最初はヒロイックファンタジーだったこの話が、同じシチュエーションをなぞりつつもグイン個人の実存の話に変わっているわけで。長い話が一巡した という単なる感慨のみならず語り重ねの妙も感じます。[2004年12月 9日] (★★★)

続きを読む "蜃気楼の旅人:栗本 薫" »

2005年4月 8日

グイン・サーガ100巻達成

我が家のお稲荷さま。④』&『グイン・サーガ・ハンドブック 3』と一緒に買ってきました。外伝はともかく本編の方は全部読んでいるシリーズなのですが……

「グイン・サーガ」はまだやっと折り返し点を通り過ぎたところにすぎません(爆)

グイン・サーガ(100)豹頭王の試練』(栗本 薫)あとがき p309 より

ひえぇ。やっと半分!!

続きを読む "グイン・サーガ100巻達成" »

ブログ妖精

  • ココロ

Affiliate

無料ブログはココログ