カテゴリー「時野つばき」の11件の記事

2007年7月29日

「2007年上半期ライトノベルサイト杯」自分の投票へのコメント

2007年上半期ライトノベルサイト杯投票〆切ですね。主催された平和の温故知新さんご苦労さまでした。

順位は最終日の駆け込み投票でも大きな番狂わせは無く順当に決着したみたい。

投票した以後に新たに読んだ対象作品(対象期間に発売されたライトノベル)はそこで2位に付いてる『ミミズクと夜の王』とこっちのリストに入れておいた『女皇の帝国 内親王那子様の聖戦』の2冊ですが、入れ替えて差し込みたくなる程の作品ではなかったので無問題。(どちらも読んだ内で中位には入る良作だとは思いますが)

締め切りも過ぎたので保留しておいた自分の投票作品へのコメントを。

続きを読む "「2007年上半期ライトノベルサイト杯」自分の投票へのコメント" »

2007年5月30日

ねこきっさノベル 特選!ランチBOX:時野 つばき

ねこきっさノベル

ルーシアさあ、始まるざますよ
クリム行くでガンス
フランふが
ミルクまともに始めなさいよ

なんてのは無いけれど。小説版『ねこきっさ』。原作になじみは無いけれども時野つばきさん執筆とあっては読まねばなるまい。

プロローグ いらっしゃいませ

猫人ワーウルフヴァンパイア鬼族竜族非常食ナマケと店員のバリエーション豊かな喫茶店のよう。しかしなんで店名が「ねこきっさ」? 主人公のクゥ(猫娘)や同期のミルク(100年経つまではただの)が入る前から「ねこきっさ」だったみたいだけど……まさか、前に居た店員はみんなクリム(ワーウルフ)に食われたりルーシア(ヴァンパイア)に吸われたりしてしまい、その補充用として雇われたとか……まさか、ね。(^_^;

第一話 懐かしの給食フェア開催っス!

付録:『正しいソフトめんの食べ方』

私の時はアルマイトのおわんなんてご大層な代物ではなくて、凹みが大×2、小×2の4つあるプラスチックの(汁物も充分入る)深めの一体成型ランチプレート一枚に全て盛り付けられたものを先割れスプーン犬食い。こっちの方がアルマイトより世代的には新しいはずだけど、明らかに退化。学校給食が一番無様になった世代だったですね。子供の頃はそれに疑問は持たなかったけれども、今から考えると……。まあ最近は(作中にも書かれているように)強化磁器の(一体成型ではない別個の)食器になっているようで、良い事です。

ところで

「はい、これよ。クジラのスウェーデン煮風!」
 差し出された皿の上に乗っていたのは、真っ赤なソースで煮つけた赤身の肉が一切れ。
「あ……トマトケチャップ?」
「トマトケチャップだわね」
「どの辺がスウェーデン?」
「気にしない、気にしない! 多分、ノルウェーとかスウェーデンの人もだいたいこんな感じの味つけで食べてるはずよ」
(p33)

って、信じていいんですね? →北欧帰りの筆者

第二話 ランジェリーショップは乙女の園っス!

付録:『正しいブラジャーの付け方』

ここに限らず各話口絵のみで本文中の挿絵が一切無いのが残念。スペイン風パフェイタリア風パフェの絵は見たかった。(挿絵があったとしてもここは描くのを避けそうだけど)

描写が細かいのはさすが女流。もはや対象読者が不明だけど。(^_^;

第三話 魔界ひな祭りはドキドキっス!

Wizardryグインサーガのキャラでパーティー作ってやったなぁ。グイン戦士イシュト盗賊リンダ僧侶ナリス司教ヴァレリウス魔術師てな感じで。僧侶の身ながら前線で撲殺しまくるリンダがオテンバっぽくてそれらしい、とかあとがきにある通りの状況でした。3×3の部屋ってどう回れば全部の床を踏めるか毎回悩むんだよね。雛祭りかぁ。あーっ! 『巫女さん戦隊マガタマン』の事すっかり忘れてた!

(『“巫女さん”細腕繁盛記』の箱の底から(中略)すたじお緑茶例の場所を見る)

ああ、まだ、無い……。(^_^;

…。

……。

………。

……気を取り直して。

主人公が方向音痴(?)なマッパーというのはフォーチュン・クエストからなのかな。で、この話、クゥマッパーから忍者にレベルアップする話、という事でいいんでしょうか?(きっと違う)

第四話 冥土カフェでメイド修行っス!

冥土メイド ですか。腐ってやがる時野さんのテイストが出ていてすばらしいです!

ひだまりスケッチノベル

それはともかく。芳文社KR文庫第一弾『ひだまりスケッチノベル ようこそひだまり荘へ』でもこちらと同じく第四話ではオリキャラの少年が重要なゲストキャラとして出てたですが、ひょっとしてこのレーベルにはそういう縛りでもあるのでしょうか? 『ひだまりスケッチアニメ版では最終回に小説版とは対称的にオリキャラとして少女(主要登場人物の妹)出していましたけれども、あるいは男性向けなアニメに対して、文庫は女性向け狙っているという差が出ているのかな。

エピローグ またのおこしをお待ちしてまス♪

メイドのフランさんがフランケンシュタインの怪物状態なのはそんな理由が……かなり無理やりですな。(^_^;

総括

楽しかった。楽しかったんだけどこれ、なんか読者の年代選びません?(^_^;

いや原作からしてそういうノリなのかもしれないですけれど……原作も読もうかな。

関連作品・記事

2005年3月 3日

雛祭りと菱餅とマガタマン

雪降ってるけど桃の節句ですね。

正月からこの方鶏と天女巫女のままだったすたじお緑茶TOP絵が雛祭りバージョンに。退魔巫女が菱餅かじってます。

菱餅って竜神への人身御供の代用なんだそうですが……という事はつまりみーちゃんってば人食い竜神様? いや確かに本編では人食ってたですが。

ところで雛祭りの飾り付けを時期過ぎても飾っておくと嫁に行き遅れるそうですが。今度の TOP絵はいつまで放置されるのでありましょうか。

さらに言えば、例の場所でいつまでも Next のままな SideStory03「巫女さん細腕繁盛記外伝 巫女さん戦隊マガタマン」 の方はいつ片付くのでありましょうか?

2005年1月 7日

『巫女へぶん』と売れない『P-mate』

『巫女さん細腕繁盛記』マンガ版ですが原作のシナリオ書いてた人も知らなかったご様子。下手したらすたじお緑茶の中の人も知らなかったりするのかも。緑茶にしろ宙出版にしろ宣伝&連帯の拙さが。せっかく「鶏 & 巫女」を独占したと言うのに……年越し前に(『女神さま☆にお願いっ!!』でやったように)フリーのキャラクター・アイコン公開でもすれば使いまくられて宣伝になったと思うのに……もったいないなぁ。

んで。そのシナリオさんですが、

雑誌入手したいとこですが、宮崎じゃ売ってないしなぁ(汗)
年末に秋葉原に行ったときも「どーせ書籍に載ってる訳ないしぃ」とばかりに本屋さんには寄らなかったのですよ。ラジオ会館まで行ったと言うに。

との事。でも秋葉原と言わず松本(長野県)でも、どこの本屋にも山積み……ってそれはそれで売れ残ってるという事ですか。大丈夫かな『P-mate』。やはりこのまま三号雑誌に……。(^^;

 しかし松本では(売れてないとしても)山積みで入荷し、宮崎では売ってないのは何故だろう? やはり知事がペログリだと18禁ゲーム誌ものさばるのだろうか? もっともどちらの知事も支持率の低さではブービー賞争いしてるけどね。(^^;;

知事はともかく。

巫女分を刺激されたせいで同じ著者による巫女マンガ『巫女へぶん』(こうのゆきよ/幻冬舎コミックス)買ってしまいました。どちらも女流だからなのか作風に似た物を感じます。

……しかし『3丁目神社奇譚』でわらわらしたりぼへーとしたりしてるのは何奴なんだろうか? 気になる。

2004年12月28日

マンガ版『巫女さん細腕繁盛記』:鶏に願いを

潰れたり復活したりしている『P-mate』(宙出版)の2005年2月号ですが、豪華付録その1『Comic P-mate 創刊準備零号』にてマンガ版『巫女さん細腕繁盛記 希望・欲望・そして…』(こうのゆきよ)が『夜勤病棟 ささやかに…』(NYAN)と並んでメインタイトルとして掲載……ってな事がすたじお緑茶のHPに全然告知されていないのは何故ですか奥さん!?

……モテまくる 義弘 くん。(笑)
本編&えくすとら での彼は哀れだったし確かに夢も見るでしょうなぁ。
しかし 那坂 (鶏)って何者?

2004年12月19日

巫女さん細腕繁盛記えくすとら:香奈恵ちゃんFight!!えくすとら:すぴりっつ・おぶ・ぱんつ

終わったぁ!。辛かった。さすがはえくすとらえくすとらだけの事はありました。

……もっとも概ねはハメ・パターンを探すだけなんですけどね。

お話の方もただのコメディーではなくちゃんと本編『巫女さん細腕繁盛記』第三部のを受けてオチを付けていて良かったです。でも結局「ハーレム」についてはケリが付いてないような気もしますけど。

んで結局みんな欲求不満だったというオチなのでしょうか? (違うかも)


しかし。

ブラック悠彌
「イアイアくとぅるふ、ぷりみんぱ、アイアイはすたぁ、どりりんぱ……」
「暗黒たっちでぇブラック~~~~~~」
「転身っ!」

『香奈恵ちゃんFight!!えくすとら』より

ってあのね。(^_^;

2004年12月18日

巫女さん細腕繁盛記えくすとら:香奈恵ちゃんFight!!:トリは悠彌

サルになって5面クリア。

迂闊にも全部終わるまで気が付かなかったですがこの悠彌[ゆうび](天女。鶏2羽付き)で最後だったのですね。どうりでボリューム多かった(3時間近くかかった)はずです。ラスボスだったのか。

んで神プレイを背景に流れるエンディングクレジットを眺めて初めて気が付いたのですが。

下突きジャンプって押しっぱなしで良かったのか!

今まで攻撃ボタン連打してやっていましたよ。どうりで難易度高いと感じたはずです。これからプレイする人はそこに注意してやると楽にプレイ出来ますよ。(つーか、普通は自然に気が付きますか?)


というわけで。

本音が出る呪いの白黒しまぱんを全部回収してみんな本音を隠して正気に戻ってめでたしめでたし……って終わらないし。(^_^;

なんですかこのえくすとらというのは。そもそもパッケージ全体が『えくすとら』だと思ったのですがその中の『香奈恵ちゃんFight!!』にもまた『えくすとら』が付いてるというのは。

おもろいじゃないか。(笑)

……えくすとらだけあって難易度がだけど。(泣)

しかし。OPソングにある 地球を守るため とかいうのはどうなったのだろうか。ひょっとしてこの『えくすとら』がそういう話になるのでありましょうか?

2004年12月15日

巫女さん細腕繁盛記えくすとら:香奈恵ちゃんFight!!:サラはウタがヘタ

承前。

……サラって音痴だったのですね。(^_^;

というわけで4面の黒魔法少女サディスティック・黒魔女サラを倒しました。今回はわりと楽だった感じ。(でも1時間くらいかかりましたが)

しかし呪いの白黒しまぱんの効果って黒くなるというより本性が出るという気がするのですが。(笑)


シナリオの人の所にもやっと物が届いた様子。増産も決まったようでめでたいです。

長い長いと言われ続けた本編ですがえくすとらはさっぱりショート仕上げ。 選択肢もあまりないし、あってもイベントCGが表示されるかどうかに関わってる程度。「加賀見神社それから」はお休み前に1シナリオ、さっくりお読みいただけるのがよろしいかと存じます。

との事ですが『加賀見神社それから。』って全部じっくり声まで聞いてると3時間くらいはかかると思うので「1シナリオ」というのは全6話(実質は5話)ある内での個々の話を1シナリオずつ、という事ですね。確かに平日にちびちびと一話ずつ読む(というか聞く)のが良さげな感じの話。そして週末に『香奈恵ちゃんFight!!』をサルになってやる。(健康に危険)

『香奈恵ちゃんFight!!』も含めて、廉価タイトルのわりにボリュームがある作品。『やきもちツインベル』(戯画)あたりと比べるとものすごくお買い得ですね。(;_;) (←何故か泣)

2004年12月13日

巫女さん細腕繁盛記えくすとら:香奈恵ちゃんFight!!:美咲クリア

続き。

やっと3面クリアです。

美咲(討魔巫女・妹キャラ) が黒くなったのはいいとして、なんだか 成美さん(むっちりお姉さん・ランエボ) も黒いです。(^^;; 綾奈(耳萌え&ダークヒロイン萌えな皆様の密かなアイドル[自称]) はお稲荷様というよりただの獣じみて来てますし。(いやこっくりさんしただけであって元々稲荷でも何でもないのでしょうが)

しかし……シマパンは白黒だけではなかったのですね。がんばれしまぱんハンター香奈恵!(笑)

2004年12月12日

巫女さん細腕繁盛記えくすとら:加賀見神社それから。

続き。

ああ、ネタが古いしギャグが寒いし作者が“※”で突っ込むし。でも楽しい

視点がひたすら被害者側で加害者側の視点(例えばサラは爆弾落として焼き殺した側の陣営の子孫だよね)が欠けているのが気になりましたが、このルートではそもそもシルヴァラ(サラの使い魔のフクロウ)も殺されていない事になっているようですし、オマケの後日談という事で深刻なのは避けているのでしょうけれども。

  ……詳しい話は FCGAMEX 桃源郷#40526で。


んで、横から見る横スクロールアクションゲーム香奈恵ちゃんFight!!』2面までやったのですが。

あの、下突きジャンプ必須ですか!? (^_^; 既に 2面ラスボスでしんどいのですが……。果たして私にクリア出来るのでありましょうか。

より以前の記事一覧

ブログ妖精

  • ココロ

Affiliate

無料ブログはココログ