カテゴリー「杉原智則」の2件の記事

2007年7月29日

「2007年上半期ライトノベルサイト杯」自分の投票へのコメント

2007年上半期ライトノベルサイト杯投票〆切ですね。主催された平和の温故知新さんご苦労さまでした。

順位は最終日の駆け込み投票でも大きな番狂わせは無く順当に決着したみたい。

投票した以後に新たに読んだ対象作品(対象期間に発売されたライトノベル)はそこで2位に付いてる『ミミズクと夜の王』とこっちのリストに入れておいた『女皇の帝国 内親王那子様の聖戦』の2冊ですが、入れ替えて差し込みたくなる程の作品ではなかったので無問題。(どちらも読んだ内で中位には入る良作だとは思いますが)

締め切りも過ぎたので保留しておいた自分の投票作品へのコメントを。

続きを読む "「2007年上半期ライトノベルサイト杯」自分の投票へのコメント" »

2007年5月14日

レギオン きみと僕らのいた世界:杉原 智則

レギオン レギオン 2

作者こういうのが好きなんだなぁ、というのはよく伝わってくるのですがネタがうまく絡み合わないで終わってしまった感じ。

複数の仮想自我と精神の統合、フィクションを物語る事の意味。ネタ自体は一定の指向性を持っているのですが、それ暗示させるキャラ設定の数々がインフレを起こしたあげく立場の漠然とした口ゲンカと化した最終決戦でうやむやに。

ライトノベルの範疇であっても、キャラ萌えラブコメと伝奇ロボットバトルで終わらせない意欲は買うのですが、この領域に来ると上には上が居るわけで……。

これはこれでいいとして、次回作に期待です。


ところで、作中での2巻64頁の レギオン という言葉の説明で、聖書に登場する悪霊の名前が元でそれがローマ軍団の名称に流用された、という意味の説明をしていますが、現実には逆で聖書が成立したローマ世界当時で軍団を意味するレギオンという言葉をその悪魔が自称したわけですけれども。

これは作者が意図して因果関係を逆転させたという事でしょうか? だとすると作中世界が現実とは別の歴史を持っているパラレルワールドという事なのか。それとも作中世界の歴史でも現実同様だけれど、その記憶については作為的に現実を歪めて作られた、という話なのか……でもそれだと「どういう作為で」という別の問題が出るし。謎です。

もっともそのエピソード自体は聖書というフィクションが現実の事象であるローマ軍団の名前になる、という事ですからフィクションが現実を作るというこの作品のテーマに沿ってはいるのですけれども。

関連作品

ブログ妖精

  • ココロ

Affiliate

無料ブログはココログ