« かの人こそがSFだった | トップページ | メザメ »

2008年3月21日

デアイ

「これはこれで、悪くなかったじゃないか」

 何この「いい話」sign01

 今回やっと、シゴフミで初めて「死と向き合う話」でしたね。

シゴフミ  4  電撃文庫
Stories of Last Letter[bk1]

 まあ人殺して話のオチにするのはあいかわらずですけどね。もっとも死後文というギミックからすれば亡霊ネタに走ることもできるのでしょうけれども、そこを「死んだら終わり」で徹しているのもストイックではありますが。

 しかし、最初はピンとこなかったエンディング曲がどんどん心に響くようになってくるし。ひょっとしてこれ名作になるかも。(その代わりオープニング曲の方は話からどんどん浮いてきてしまってるけど)

過去回記事

  1. コクハク
  2. ロケット
  3. トモダチ
  4. ナミダ
  5. タダイマ
  6. サケビ
  7. キラメキ
  8. ハジマリ
  9. サイカイ

関連作品

« かの人こそがSFだった | トップページ | メザメ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

シゴフミ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68856/40589623

この記事へのトラックバック一覧です: デアイ:

« かの人こそがSFだった | トップページ | メザメ »

ブログ妖精

  • ココロ

Affiliate

無料ブログはココログ