« こういうときに限って驚くほど初音ミク オリジナルが生きてくるものなのだ。 | トップページ | 2007年下半期ライトノベルサイト杯結果と、同じのに投票した方々 »

2008年1月24日

ロケット

 廃デパートのロケットと、呪縛から逃れる事と……モチーフは奇麗な話だったのですが。

 というわけで前回からの続き話。前回の主人公はあまり関係なかったですね。つーか彼は奇麗事担当の「ヒロイン」役でしかなかったか。

シゴフミ  2  電撃文庫
Stories of Last Letter[bk1]

 その翔太から「どこからその情報を得たか」を聞き出さないで殺しちゃうあたりで衝動殺人なわけだったですが。そのせいもあり成り行きとご都合で話が進む感が強いです。アニメだからこれでも済みますが小説だともう一歩踏み込まないと作品になり得ないでしょうね。小説版はどうしているのだろうか。

 この回での主人公明日奈も、ああいう終わり方してしまうとそれこそ「奇麗事」で終わってしまうし、いま一つ満足感を感じない話でした。やはり彼女にはああいう「事故」ではなく「自業自得」で死んで欲しかったところ。

 もっともフミカの過去(?)も絡んで裏の事情も垣間見えますし、フミカを出し抜いてカナカにより手紙を渡させた福音局のガンダルフィーとやらの意図も不明ですし。そこらへんこれから楽しみではありますが。

 もっとも上から目線で物を語るフミカにも何も考えてないっぽいカナカにも感情移入できないですし。話自体の魅力がないと見続けるのが苦しくなりそうですけれども。

過去回記事

  1. コクハク

関連作品

« こういうときに限って驚くほど初音ミク オリジナルが生きてくるものなのだ。 | トップページ | 2007年下半期ライトノベルサイト杯結果と、同じのに投票した方々 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

シゴフミ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68856/17807997

この記事へのトラックバック一覧です: ロケット:

« こういうときに限って驚くほど初音ミク オリジナルが生きてくるものなのだ。 | トップページ | 2007年下半期ライトノベルサイト杯結果と、同じのに投票した方々 »

ブログ妖精

  • ココロ

Affiliate

無料ブログはココログ