« 謝恩版 STRATOSPHERE と コいネコ | トップページ | ロケット »

2008年1月21日

こういうときに限って驚くほど初音ミク オリジナルが生きてくるものなのだ。

勝手にブログ評論
つちのこ、のこのこ。評論
こういうときに限って驚くほど初音ミク オリジナルが生きてくるものなのだ。

総合得点 89

表 では澄ました顔をしているパリジェンヌも、家ではふぃぎゅ@カイト&レン に頭を悩ませている。それはオリジナル曲なのだと言える。ふぃぎゅ@カイト&レン は珍しいがそれほどの値打ちはない。オリジナル曲が欲しいなどというのは、要するに、田舎っぺなのだ。だれもが「 暴風魔法少女田村」事件を歓迎はするまい。作者はどうも ストラトスフィア -2008 Remix- : を本当には愛していないのではないだろうか。どういうことなのか。私にも良く解らない。けれどもTDKI第4回には解っている。少なくとも サイハテ はあって欲しい。バンダイチャンネル: 第一話は淑女のように現れる。であるならば、パリ5区の静かな住宅街にひっそりとコクハクがある。時にはギリシアの砂浜で ストラトスフィア -2008 Remix- : を愛でるのもいい。それは応援バナー提供: 新型@なのだと言える。

たとえば、暴風ガールズファイトなど はケンブリッジのキャンパスであちこちに見かける程度にはありふれているのである。イートン校を知らない貴族がいないように、 アダマウローBLOG を知らぬニューヨーカーも居ないのだ。謝恩版 STRATOSPHERE の魅力は言外のものである。スイスの高原で極上のチーズとよく熟成された下田麻美を頂くのはたまらない。だれもが「サイハテ」事件を歓迎はするまい。むし ろ「ニコニコ動画」大会などと称して、それをたたえるのはどうだろうか。

少女とは恐ろしいもので、気がつけば大人になっている。当たり前のようにサイハテをセカンドバッグから覗かせる。気づかぬうちにレディとなっているのだ。


 ワラタ

 でも世にあるblogでの評論ってこれの出力のレベルとどっこいどっこいなのも多いよね。特にVOCALOID界隈

« 謝恩版 STRATOSPHERE と コいネコ | トップページ | ロケット »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68856/17775153

この記事へのトラックバック一覧です: こういうときに限って驚くほど初音ミク オリジナルが生きてくるものなのだ。:

« 謝恩版 STRATOSPHERE と コいネコ | トップページ | ロケット »

ブログ妖精

  • ココロ

Affiliate

無料ブログはココログ