« 「LaLaVoice で みっくみく♪に……」公開停止します | トップページ | 俺の輝いてたあの時代
いつもいつもいつも一緒だった
小さな宇宙のような箱 »

2007年12月20日

次回ラノサイ杯について

ここを読んでいる方々の意見もお伺いしたいところです。

案1:現状維持
案2:「新規シリーズ部門」「既存シリーズ部門」へ分割
案3:「新人」「デビュー済み」へ分割 ×
案4:部門分けやめる

 案1と案2は、実際には手間として大差ない(どのみち上下巻の処理などはしなくてはいけない)ので、同じ手間をかけるなら案2の方が妥当。

 案3は「デビュー」の定義があいまい(ライトノベルのデビュー? 小説家としてのデビュー? オリジナル作品でのデビュー? 単著でのデビュー? それともプロの作家(小説家以外のライター仕事含む)でのデビュー?)になるし、そこをクリアできたとしても実際問題デビュー済みかそうでないかを調べようも無いので、労多く益少ないでしょう。

 出された案の中で最良に思えるのは案4。今までの2部門分つまり10作品を投票できるとした上で、ですが。他の案に比べ少なくとも、元リストでの分類ミスが投票後に発覚し無効票が生じるという可能性は無くなるわけですから、それだけでも利点。

 そして案として出された中にはない部分での提案ですが。

 シリーズについても1冊単位での投票にして欲しいです。今のままでは期間中に複数冊出された内でどれを評価しているのか、という情報が欠けおちてしまい漠然とした「シリーズ」への評価しか伺えないのが残念なので。それで「グイン・サーガばかり6冊投票」とか単一のシリーズ中から複数上げてくる人も出るかもしれませんが、それはそれでその人の評価という事でいいのではないかと思います。

 それと ISBN の付いてない書籍への救済処置も。読者にとっては扱いが同人かどうかなんて本の本質とは関係ないと思うのです。

 あと、期間以前に出版された作品への投票も認めて欲しいところ。発売されてすぐに読む読者ばかりではないわけで、そういう場合での評価が現状消えてしまっています。この手の企画でしたら「期間中に新たに読んだ作品」と限定して投票者の良心に任せてしまうのでかまわないでしょう。(少なくとも前回までに投票した作品は「期間中に新たに読んだ作品」にはなりようがないですし、そして「サイト杯」なので過去の投票も公開されているわけですから……)

 いろいろ注文を付けてしまいましたが。

 前回で始めて投票に参加したのですが自分の読書を見つめなおすいい機会として利用させてもらいました。よい企画をありがとうございます。ついでで申し訳ないですが一言感謝を。

« 「LaLaVoice で みっくみく♪に……」公開停止します | トップページ | 俺の輝いてたあの時代
いつもいつもいつも一緒だった
小さな宇宙のような箱 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68856/17428969

この記事へのトラックバック一覧です: 次回ラノサイ杯について:

« 「LaLaVoice で みっくみく♪に……」公開停止します | トップページ | 俺の輝いてたあの時代
いつもいつもいつも一緒だった
小さな宇宙のような箱 »

ブログ妖精

  • ココロ

Affiliate

無料ブログはココログ