« Contents☯2007年11月 | トップページ | AKUMAで少女 ~嵐を呼ぶ転校生~ »

2007年12月 2日

『キャラの!』 Vol.6 でもみっくみく♪

キャラの ! 2008年 01月号

 『COMiC RUSH』に引き続き『キャラの!Vol.6 でも初音ミク特集。細かい内容は本家

で書かれているので略。いや本当の巻頭特集は『超鋼女セーラ』のはずなんだけどね。

CRYPTON VOCALOID2 鏡音リン CV02

 で、今回のトレーディングキャラプレートはそのセーラミク&リンの二択。いつもは三択だったけど二択に減ってしまい、ぎりぎり「トレーディング」の建前を保っている感じ。(ちなみに出たのはミクの方)

 んでその巻頭セーラ特集の最後が大判見開きカラー2ページのサァラとエイミーの戦闘シーンの図なのですが。この2人の髪型がまんまリン&ミクなので(笑)。まあ偶然だろうけれども、その次のページをめくったら「特集 初音ミク&鏡音リン」ページでリン&ミク2人の(キャラプレートにもなった)イラストだったので比べてしまい笑ってしまいました。

ねんどろいど 初音ミク フィギュア キャラクター・ボーカル・シリーズ 01

 『コミックラッシュ』での特集と違い、細かい技術的な部分とか「ねんどろいど」とかの周辺部分とかも押さえてあり、短いページ数ながらもホビー誌の蓄積が厚いホビージャパンの本領発揮でした。中の人藤田咲&下田麻美インタビューに尾崎弘宣シロガネヒナ蒼月しのぶによる「初音ミク イラストレーション・トリロジー」そして轟とどえによる体験マンガとどえもんの初音ミク体験記』。これは編集から初音ミク送られたが使い方が分からない著者の所に初音ミクが現れて……というストーリー仕立てのもの。なんか2ページながらも『コミックラッシュ』での KEI によるものよりちゃんとマンガしているような。(^^;

DTMマガジン 2008年1月増刊号 「The VOCALOID CV01初音ミク」


ミクちゃんのお胸~
ひっかえめーひっかえめ~
ミクちゃんのお胸
かわいいね~☺

↑メリーさんの羊に合わせて歌って下さい。

(p15)

って非道ッ!(笑)

 特集と関係ないけど、読者コーナー「私立キャラの!学園 おたより部」(イラスト: 藤井亮)も、そこのねこみみマスコットキャラの名が「みく」なのと合わせて初音ミク乱入させてて笑えた。

クイーンズゲイト 魔法少女 虹原いんく

 しかし巻頭がセーラ特集、続けてミク&リン、そしてクイーンズゲイト虹原いんく@もえたんアリス@Nitro+ 皮切りにクイーンズブレイド劇場、その次がやっとライトノベル本文である『ゴッデス!』(ひかわ玲子)なんだけどこれもまた扉がカラーで桜羅子とアキラの風呂シーンと、何の雑誌やら分からなくなりそうですが……って『キャラの!』ってくらいだからキャラ雑誌でいいのか。今までライトノベル誌だと思ってしまっていたよ。(笑)

 まあ『Megami MAGAZINE』とか『電撃G'sマガジン』とか『ドラゴンエイジ Pure』みたいな純然たるそれとはまた違うわけですけれども、ホビージャパンにはメディアワークスあたりと違いそういう系統の専門誌が無いですからこれが兼ねている、という事情はありそうです。

空の境界  上  講談社文庫
the Garden of sinners[bk1]

 でも先月号での『School Days』はまだしも、今号での『空の境界』というのは何なのだろうか。あれ講談社の小説じゃないのか? いやまあ元はネット公開のフリーノベルだったわけだけども。講談社にはまともなメディア系小説誌が無いから他にやられても仕方が無いという事かな。まあ映画のネタに絞っているからその点はいいのかもしれませんけれども。

AKUMAで少女  HJ文庫
嵐を呼ぶ転校生[bk1]

 んで、次号の巻頭特集はその『空の境界』に、特集2が『AKUMAで少女』。文庫2巻あとがきでの

 なんか貧乏臭くてすみません。
 女流ポルノ作家っていうと、華麗なイメージがあるかもしれませんが、現実はこんなもんです……。

(p271)

涙なくしては読めない様子から、遂に全国販売ライトノベル誌での巻頭特集を組まれるまでに。出世したなぁ。

 ……キャラプレートはどっちか二択、になるんだろうけれどもらっきょよりAKUMAで少女の方がいいなぁ。そういえばこれのヒロインゆり絵もミクと同じ緑髪ツインテールだな。

超人ロック凍てついた星座  1  YKコミックス[bk1]

 しかしこの『キャラの!』、自社の広告ばかりの中で『YOUNG KING OURS』(少年画報社)の広告だけが互いに毎度載り続けているのですが、何の関係だろうか? ここの小説がマンガ化されたのが載っているというわけでもないし、また本体の『ヤングキング』含め少年画報社の他の広告が載るわけでもないし。……まさか、『超人ロック』とか『HELLSING』とかがクイーンズゲートに! ってそんな事は無いでしょうけどね。

 はっぴー腐女子
ノンフィクションショートコミック集[bk1]

 いやでも『YOUNG KING OURS』の広告が載り続けるのよりも、自社作品とはいえ『はっぴー腐女子』の広告が載り続けている事の方が不思議かも。あきらかに客層違って……ってこれもクイーンズブレードのBL版『プリンスブレード』発行の伏線か。 半裸の美形青年同士が血まみれで戦うのを見せて腐女子の妄想を掻き立てさせるのかぁっ!! そんなのコーエーですらやらないぞ。ホビージャパン、恐ろしい子!(こっちの方が妄想という突っ込みは却下)

おまけ

目黒三吉氏もみっくみく。初音ミクってなんかプロ受けがいいよね。

低俗霊DAYDREAM  9  角川コミックス・エース[bk1]
  • 11-23 今やってる仕事がどうしてどうしても上手くいかなくてもう本当にヤバくて、怖くて泣きながらブルブル震えてオシッコ漏らして気絶したところまでは記憶してるんだ。
  • 11-24 初音さんよりクリスマス中止のおしらせ

« Contents☯2007年11月 | トップページ | AKUMAで少女 ~嵐を呼ぶ転校生~ »

KEI」カテゴリの記事

VOCALOID」カテゴリの記事

わかつきひかる」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68856/17246691

この記事へのトラックバック一覧です: 『キャラの!』 Vol.6 でもみっくみく♪:

« Contents☯2007年11月 | トップページ | AKUMAで少女 ~嵐を呼ぶ転校生~ »

ブログ妖精

  • ココロ

Affiliate

無料ブログはココログ