« トゥインクル☆スターシップ 15 Twinkle Twinkle Little Star…… | トップページ | 藤田咲と下田麻美のTDKI »

2007年12月26日

暴風ガールズファイト2 BOUFŪ GIRL'S FIGHT

 暴風ガールズファイト  2  ファミ通文庫[bk1]

 同じファミ通文庫でも全15巻で堂々完結する作品もあれば、たった2巻で……。

 表紙にもなっている新キャラ、和ホラーマニアの陰気なオージーカレン・バクスター(1年C組)に、宝塚男役系美形女子キラーの九條香月(2年A組)は

  1. 彼方から来た人よ
    The girl who came over there
  2. 王子様、お手をどうぞ
    Please take my hand, Prince

とそれぞれ1章を取って話にされているのですが。そこらへんの新キャラ勧誘話はそれなりにおもしろくはあったのですけれども、しかしそれぞれが嶋あかね(オタク)と長谷川悠里(真面目なアスリート)の2人のキャラを食ってしまった感じがして……。まあ12人も居ればキャラ被りも仕方がないですし、同系キャラのバリエーションもそれはそれでコンビの掛け合いとしての面白さもありますし。これから話が展開して行けばそういう面でのおもしろさも出てきたのでしょうが、でも打ち切り……ってそれはともかく。

 この巻でのメインはむしろ、王子様にひっついて登場した高梨光葉&明葉(中等部2年)の双子コンビと、前巻で振られた生徒会長である姉の万里との確執が解決されていなかった小坂依奈との、姉妹2組な中学生組の問題の方。

  1. 波乱万丈、夏合宿
    Stay together in summer camp (with many vicissitudes)

で振られた伏線が、公式戦3連戦である圧巻の

  1. 折れないこころで
    The mind is not depressed

での戦いと葛藤の中で昇華されて行くのは見事。

 前巻と同じく「敗北」がキーになる話なのですが。それを超えて食らいついて前に行く。「圧倒的な敵」の恐怖に対峙する勇気と、「敗北」の悔しさを力に変える事。前巻でのテーマを新人や下級生組に移して繰り返す事で、それを体験する事と導く事の重層化された経験の重みを描いて……。最終戦ではもう、外に取り出しては無意味なそのシーンでそのキャラに語られるからこその名台詞のオンパレードにぞくぞくするばかり。

 打ち切り確定は残念ですが。しかしこの2巻で終了な作品として見ても完璧な、良作を楽しませてもらいました。

暴風娘ズなるいは

オージー娘王子娘
(
そのお供)!?

話題沸騰!
体育会系美少女グラフィティ第2弾!!

関連作品・記事

« トゥインクル☆スターシップ 15 Twinkle Twinkle Little Star…… | トップページ | 藤田咲と下田麻美のTDKI »

佐々原史緒」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68856/17485958

この記事へのトラックバック一覧です: 暴風ガールズファイト2 BOUFŪ GIRL'S FIGHT:

« トゥインクル☆スターシップ 15 Twinkle Twinkle Little Star…… | トップページ | 藤田咲と下田麻美のTDKI »

ブログ妖精

  • ココロ

Affiliate

無料ブログはココログ