« 『キャラの!』 Vol.6 でもみっくみく♪ | トップページ | 鏡音レンたんと PIAPRO »

2007年12月 3日

AKUMAで少女 ~嵐を呼ぶ転校生~

AKUMAで少女  HJ文庫
嵐を呼ぶ転校生[bk1]

 う、うーむ。

 ひとことで言うと「この作品には中二病が足りない」になるかなぁ。

 まあ「客観ではなく主観で」「主人公とその友人といった狭い範囲の人間関係を濃密に」という事だけど。

 ライトノベルというのが、キャラ背景の端的な提示で済ます美少女文庫や美少女マンガ流の書き方では収まらなく、むしろエロシーンまで十数時間のプロローグ部分が付くようなギャルゲー由来の美少女ゲームに近いものが主流なので、こういう風に「情報」だけ地の文で描写され主人公の主観を「想像」させるやり口に向かなくなってしまっている。昔の「RPGノベル」な頃のライトノベル(いやその頃はライトノベルとは呼ばれていなかったけど)ならこれでもよかったんでしょうけれども。

 それと、冒頭から既にバカップル化している主人公の僚とゆり絵は元より、前作から持ち越しの百合カップルにしろ今巻でのプレイボーイと養護教諭にしろ、関係が予定調和の範囲に留まっていて、あまり緊迫感を感じないのが。結局、主人公の僚は困ってはいても悩んではいないし、ゆり絵は単なる都合の良い脇役だし、他の人間達は単に知らないだけだしで、ドラマになっていない所が。

 んでもまあそこらへんはこの『AKUMAで少女』という作品にとっては枝葉だし、前巻でも似たようなものではあったのですが。(とはいえ関係がまだ成り立っていない分、前巻の方が緊迫感はありましたが)

 やはり最大の問題はエロ。今回は大部分、中の人が入れ替わったまま話が進むのですけれども、終始一本調子なゆり絵はさておき、主人公の僚の方が肉体に引きづられて精神まで女性化してしまっていて……女流の同人作家の書く女体化やBLと同じような感じになってしまい「男子が女子の中に入る」という話の醍醐味が無くなってしまっているのが残念。

 特に幼なじみでプレイボーイなサッカー少年の勇作については、今回のように僚がゆり絵の中に入っているという事に気づかないでいたすのではなく、中の人が幼なじみの僚だと気づいた上で「むしろそれがいい」という境地に至り、嫌がる僚に無理やり……ってそこまですると「ガガガ文庫に行け」と言われてしまうか。(笑)

 あと百合カップルの方にしても、やはり僚が中に入っていると分かった上でカップル2人がかりで「男性嫌悪を克服」とか言いながら……ってこっちは次巻でも出来ますね。いずれにしろ「知らないから」で済まされてしまう今の状態から一歩踏み込んだ上での選択が各キャラに欲しかったところです。

僕、男なのに、男なのにぃ

なんで
こんなにいいんだよぉ

悪魔なTSストーリー、
待望の続巻 !

関連作品・記事

« 『キャラの!』 Vol.6 でもみっくみく♪ | トップページ | 鏡音レンたんと PIAPRO »

わかつきひかる」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68856/17258600

この記事へのトラックバック一覧です: AKUMAで少女 ~嵐を呼ぶ転校生~:

« 『キャラの!』 Vol.6 でもみっくみく♪ | トップページ | 鏡音レンたんと PIAPRO »

ブログ妖精

  • ココロ

Affiliate

無料ブログはココログ