« 次回ラノサイ杯について | トップページ | 初音ミクはクリエイティブ・コモンズに出来ない »

2007年12月21日

俺の輝いてたあの時代
いつもいつもいつも一緒だった
小さな宇宙のような箱

4色の芸術 おしゃべりと
3音の音楽 フルに使い
なんでもできるさ!

 ああ、目から汗が。

 出てくるデータレコーダと同じのを持ってたよ。最初に買った My Computer = マイコン(パソコン)は日立のH1。これは MSX 標準の MSX-BASIC に加えてマシン語モニタも追加で内臓されていたので選んだマシン。それにそのデータレコーダをつなげてピーギュルギュルギュルギュル。ナツカシス。

 これの VOCALOID ver がまた良いんだ。現行の VOCALOID2初音ミクではなくて一世代前の VOCALOID KAITO がメインになっているんだ。PC9801 そして Windows によって駆逐される前の「マイコン」を歌ったこの歌にはミクより KAITO の方がぴったり。そしてそれに重ねられる無邪気なミクの歌声が……ああ、また目から汗が出てきて……。

 ……アンサーソングまであるし。これも染み入ります。

 MSX magazine  3  永久保存版  10年ぶりに復活!1チップMSXのすべてが明かされる![bk1] DTMマガジン 2008年1月増刊号 「The VOCALOID CV01初音ミク」

« 次回ラノサイ杯について | トップページ | 初音ミクはクリエイティブ・コモンズに出来ない »

VOCALOID」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68856/17436127

この記事へのトラックバック一覧です: 俺の輝いてたあの時代
いつもいつもいつも一緒だった
小さな宇宙のような箱
:

« 次回ラノサイ杯について | トップページ | 初音ミクはクリエイティブ・コモンズに出来ない »

ブログ妖精

  • ココロ

Affiliate

無料ブログはココログ