« 愚かな一貫性は小人物に憑いたおばけである | トップページ | ライトノベルの新人賞での選考委員の意義 »

2007年11月 3日

日本上空いらっしゃいませ

 「ライトノベルはヘタレ少年が可愛い女の子達から理由も無くモテモテな話ばっかり」という偏見にぴったりと当てはまる『Novel JAPAN』『キャラの!』連載作東京上空いらっしゃいませ『日本上空いらっしゃいませ』が文庫になったよ!

 まあヘタレなのにもモテるのにもちゃんと理由あっての事、なんだけどね。

タスクオーナ先生の直筆イラスト&サイン入り色紙が当たる!

応募しよーナ!
タスクオーナフェア

神太刀女

日本上空
いらっしゃいませ


タスクオーナさんが漫画を描いた『神太刀女①』と、挿絵を手がけた『日本上空いらっしゃいませ』が同時期に発売! 両タイトルを購入いただいた方の中から、合計10名様に、タスクオーナ先生、『神太刀女』の原作者・爲我井先生、『日本上空いらっしゃいませ』の作者・佐々原史緒先生が直筆した、寄せ書きサイン色紙に、あなたのお名前を添えてプレゼント! もちろんタスクオーナ先生渾身の、両タイトルのキャラクターが入り乱れるイラストも入ります。このフェア以外では、絶対にゲットできない超絶レアアイテム! 詳しい応募方法は、帯折り返しをご覧下さい。


(帯裏 より)

 メディアファクトリーホビージャパン会社を超えて無関係な作品のキャラが競演だから、確かに このフェア以外では、絶対にゲットできない だろうなぁ。しかし万単位で刷られるだろう両作品で10名のみというのは帯を刷った甲斐も無いと思うのだけれども、あんまりたくさんでも著者が腱鞘炎おこすだろうし難しいところですね。しかしイラストだけでも見たいところ。

 フェアはさておき。

 先日読んだ『暴風ガールズファイト』が素晴らしくスポコンだった佐々原史緒女史の新作、というか『キャラの!』掲載作だからそれと並行して書かれたこの作品、意図した事かは不明ですが、それと裏表の関係にある感じ。むこうは突っ走る人たちの話ですが、こちらは挫折した人たちの話。

 『暴風ガールズファイト』では顔面骨折した過去の部員が居てそれが話の核になっていましたが、こちらで骨折したのは主人公当人で、しかもアスリートの命である足。400m走で日本新記録を作った主人公峰岸光(みねぎし ひかる)は交通事故でその選手生命を絶たれ、すっかりヘタレに。そこへ自分と同じ名を持つ、異世界からの漂流島である魔法の国上つ國(かみつくに)の王女ミネギシ・ヒカル(通称ヒカル子)が現れて、彼を「勇者」と呼び慕うのですが、彼を勇者と呼ぶその理由がその主人公の過去の陸上での活躍で……という残酷な話。

 『暴風ガールズファイト』ではあくまでも個人の、自分の問題に各人が向き合う話でしたが、こちらでは王女日本記録の陸上競技者と、社会からのプレッシャーの方がメイン。社会からの期待と、その期待により自我を成り立たせていた人間が、それを失ったり押しつぶされたり。

 封建的(であらねばならない)次元漂流王国の制度に反逆する革命家/公爵アーノルド・シュバイツメッカーや、ライバルの王女タムラ・リョウコといったそれぞれの苦悩を隠したお笑いキャラたちもからみ、自分の心と戦う勇者の物語がつづられるのでした。とはいえ、わりとハッピーな感じのコメディーで押しているので重苦しい話ではありませんが。

 で、話の内容はともかくとして。「あとがき」でライトノベル雑誌の事について言及しているのでそこらへんの話について著者側の視点での話に興味がある人は立ち読みだけでもしてみると良いかも。

 細かい事はともかくとして。大判のカラーイラストが特集で付くのはライトノベル誌の魅力の一つですね。まあ「そもそもライトノベルにイラストなんて要らないよ」という人も多いのでしょうけれども。

 で、その『キャラの!』での連載も今出ている Vol. 5 掲載の第9話でいよいよ

「――――わたくしたちの國が……次の次元へ流されていく日が……間近に迫ったという印……です」(p137)

という展開。全2巻という事ですから単純計算だと12話で終了なのであと3話。彼ら彼女らの想いはどこに向かうのか。完結が楽しみです。

P.S.
あややの活躍にも期待だ。(w
P.P.S.
あそこらの空域って在日米軍に接収されてる……ってそれ以前の問題としても日米安保米軍が出張ってくるのは確実な感じだけど、まあこれも一種の黒船の話なわけだから米軍とかの外国軍が出張られると話が違ってきてしまうか。

初出

  1. 姫は舞い降りた (ノベルジャパン Vol. 4) 2006年12月9日
  2. 誰にでも過去がある (ノベルジャパン Vol. 5) 2007年1月12日
  3. 天空にかける橋 (ノベルジャパン Vol. 6) 2007年2月26日
  4. 異世界人たちとの夏 (ノベルジャパン Vol. 8) 2007年4月26日
  5. 激情城市 (ノベルジャパン Vol. 9) 2007年5月30日
  6. 決闘のはじめかた (キャラの! Vol. 1) 2007年6月30日
  7. 願い事はひとつだけ (書き下ろし) 2007年11月1日

神奈川銘菓

恋は空から落ちてくる。
それが様式美なのです!!

「キャラの!」誌で話題の時空を超えた
 ラブ・コメディが待望の文庫化。
 ヒカル子の幼い頃を描いた特別書き下ろし
「願い事はひとつだけ」も収録。

関連作品・記事

« 愚かな一貫性は小人物に憑いたおばけである | トップページ | ライトノベルの新人賞での選考委員の意義 »

佐々原史緒」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68856/16954433

この記事へのトラックバック一覧です: 日本上空いらっしゃいませ:

« 愚かな一貫性は小人物に憑いたおばけである | トップページ | ライトノベルの新人賞での選考委員の意義 »

ブログ妖精

  • ココロ

Affiliate

無料ブログはココログ