« Contents☯2007年10月 | トップページ | 日本上空いらっしゃいませ »

2007年11月 2日

愚かな一貫性は小人物に憑いたおばけである

PEP 8 に従って Python スクリプトを整形する

使ってみた。

使用前:
ダウンロード pyhighlight.py (3.2K)
使用後:
ダウンロード pyhighlight.py.py (3.1K)

ぷぎゃー !

def html(filename, encoding='utf-8'):
    '''-> HTML body text'''
    style = (
        'overflow:auto;'
        'border:2px inset silver;'
        'padding:1ex;'
        'line-height:125%;'
        'font-size:small;'
        'color:black;'
        'background-color:white;'
        'font-family:Courier,monospace;' # フォントも IDLE のにするなら。
        )
    return u'<div style="%s"><code>%s</code></div>' % (
        style,_convert(codecs.open(filename,'r',encoding)))

が、( ) でまとめた文字列(の自動連結)の連なりを 1行にされ

def html(filename, encoding='utf-8'):
    """-> HTML body text"""

    style = \
        'overflow:auto;border:2px inset silver;padding:1ex;line-height:125%;font-size:small;color:black;background-color:white;font-family:Courier,monospace;'

    return u'<div style="%s"><code>%s</code></div>' % (style,
            _convert(codecs.open(filename, 'r', encoding)))

にされちまった……。コメントも消されちゃったし。

 まだ PEP 8 に愚鈍に従うなら意味もあるけど、( ) を消してもそれが 1行の長さを元より長くするのではぶちこわし。

ソースコードのレイアウト

長い行を折り返す際に望ましいのは、Python が暗に括弧内の行を継続することを利用する方法である。必要であれば、式の周りを余分な括弧で囲むことができるが、バックスラッシュを使う方が見栄えがいい場合もある。継続する行を適切にインデントすることを忘れないように。以下に例を示す。

とある通り、PEP 8 はそんな事を求めてはいないと思うぞ。(むしろ逆を求めている)

 そして、意味もなく \ での行継続を多用するし。

 使えないな。これは。

« Contents☯2007年10月 | トップページ | 日本上空いらっしゃいませ »

Python」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68856/16953810

この記事へのトラックバック一覧です: 愚かな一貫性は小人物に憑いたおばけである:

« Contents☯2007年10月 | トップページ | 日本上空いらっしゃいませ »

ブログ妖精

  • ココロ

Affiliate

無料ブログはココログ