« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月の31件の記事

2007年9月30日

Contents☯2007年9月

続きを読む "Contents☯2007年9月" »

Contents☯音楽 2007年

続きを読む "Contents☯音楽 2007年" »

Contents☯柴村仁 2005年

続きを読む "Contents☯柴村仁 2005年" »

Contents☯海猫沢めろん 2007年

続きを読む "Contents☯海猫沢めろん 2007年" »

Contents☯桐原小鳥 2007年

続きを読む "Contents☯桐原小鳥 2007年" »

Contents☯桐原小鳥 2006年

続きを読む "Contents☯桐原小鳥 2006年" »

Contents☯栗本薫 2007年

続きを読む "Contents☯栗本薫 2007年" »

Contents☯栗本薫 2005年

続きを読む "Contents☯栗本薫 2005年" »

Contents☯厚木隼 2007年

続きを読む "Contents☯厚木隼 2007年" »

Contents☯丸本天外 2007年

続きを読む "Contents☯丸本天外 2007年" »

Contents☯丸本天外 2006年

続きを読む "Contents☯丸本天外 2006年" »

Contents☯三木遊泳 2007年

続きを読む "Contents☯三木遊泳 2007年" »

Contents☯David Brin 2007年

続きを読む "Contents☯David Brin 2007年" »

2007年9月28日

ライトノベルのレーベルの寿命

ライトノベルのレーベル存続期間』を調べたのはこっちをやりたかったからだったのですが、リスト作っただけで満足して忘れていました。

というわけで。ライトノベルのレーベルの寿命っていかほどか、調べてみました。

続きを読む "ライトノベルのレーベルの寿命" »

2007年9月27日

学園カゲキ! 2

学園カゲキ連続ドラマ『きぐるみん』4月第4週放送分
「集まれ! ピンクの怪獣と愉快な仲間たち」

……ええと、これなんて『ロボこみ』?

と、突っ込みはさておき。その突っ込み所満載の、ピンクの着ぐるみ怪獣少女アユ、もさておき。ガサツな親友(百合?)クガツの方に惹かれるなぁ。(ショート娘好き)

解説役のキョウコ先輩についてはとりあえず空気っぽいけど。

しかし怪獣着ぐるみにオカルト研と、この話はどこに転がって行くのだろうか。

続きを読む "学園カゲキ! 2" »

2007年9月25日

春の雪

もろに幼女が斧で惨殺なのに Nice boat. にはならなかったようで、まずは良かった。

ほんと、わがままですね、あなたは。

その手で全てを掴めると思っている。

私の望みは1つ。もう、1つだけ!

千早さんの愛を、インベルに、刻む!!

いけー雪歩春香をぶっ潰せ。

続きを読む "春の雪" »

2007年9月24日

「そう、あたしたちはこんなにも変てこなライトノベルを愛しているのだらよ」投票

まだ誰も投票されていないようだけど……もうゴールして投票してもいいんだよね? では、ぺたりんこ。

極楽トンボ@まいじゃー推進委員会! さん主催、

への投票です。

続きを読む "「そう、あたしたちはこんなにも変てこなライトノベルを愛しているのだらよ」投票" »

2007年9月19日

ライトノベルのレーベル存続期間

ソノラマコバルトに始まり、ハヤカワ文庫あたりのスペオペファンタジーの移入からスニーカー富士見ファンタジア中心とするゲーム系ファンタジー、そして少女向けティーンズ文庫のバブル崩壊からBLへ。今は電撃系伝奇アクションと、過去において様々な(今で言う)ライトノベルのレーベルが興亡を繰り返して来たわけですが。いったいどんな感じの流れになっているのか。気になったので調べてみました。

続きを読む "ライトノベルのレーベル存続期間" »

2007年9月17日

復興暦百八年

我々は知らねばならないのです。

全ての事実を。

続きを読む "復興暦百八年" »

2007年9月15日

Windows Live Writer(Beta) をしつこく使ってみる

先のエントリーでは「つかいものにならない」と書きましたが。それでもココログのリッチテキストエディタには無い安定性と機能が魅力なので、ココログの設定を「プレーンテキスト」モードに変えて試してみたらばいい感じ。

続きを読む "Windows Live Writer(Beta) をしつこく使ってみる" »

Windows Live Writer(Beta)

つかいものにならない……。

続きを読む "Windows Live Writer(Beta)" »

IN THE SKIRT イン・ザ・スカート

少女病』『清純病』に続く3冊目の単行本。またまた あとがき で吐血。(笑)

続きを読む "IN THE SKIRT イン・ザ・スカート" »

2007年9月14日

僕たちのパラドクス2 -Acacia1429-

第6回富士見ヤングミステリー大賞〈大賞〉受賞作『Acacia! ~明るい未来と幸せな現在のために~』改め『僕たちのパラドクス -Acacia2279-』の、続編。前巻での「時空を超えた恋愛物」からは想像もつかない、「歴史批判」の領域にまで展開していてちょっとびっくりもの。まあ前巻にもその萌芽はあったですけれども――。

続きを読む "僕たちのパラドクス2 -Acacia1429-" »

2007年9月12日

C³ -シーキューブ- Cube×Cursed×Curious

ドリル来たーーーーッ!!

続きを読む "C³ -シーキューブ- Cube×Cursed×Curious" »

2007年9月11日

カレイドスコープのむこうがわ

第6回電撃hp短編小説賞〈銀賞〉『チョコと花びら』からなし崩しに連作短編となったこのシリーズも2巻で完結。奇麗に終わりましたね。

記憶の意味と心の痛み、そしてそれを受け止める事。同時に完結の『レジンキャストミルク』がやり損ねた事を見事に取りまとめていて見事です。まあこれは作品がどうこうよりも著者の人生経験の差の問題だろうから同列に並べてどうこう言うのは酷だけれども。

続きを読む "カレイドスコープのむこうがわ" »

2007年9月10日

RUN!

永く永く 紡ぎましょう

決して二人がふたりがほどけぬよう

春香が寝取った!!(笑)

続きを読む "RUN!" »

2007年9月 8日

レジンキャストミルク8

スーパー伝奇口先兄弟喧嘩もついに完結。結果は里緒の思惑通りに全てが進み、成り行き主人公は終始踊らされて以上と。別にそのストーリー自体に不満はないのですが。(というかこの設定でこの作者だとここらへんが限界なんだろうし)

続きを読む "レジンキャストミルク8" »

2007年9月 4日

萌え萌え♥2次大戦(略)

チハたんは? ねえ、チハたんは!?

関連作品・記事

  1. 戦場デ少女ハ躰ヲカケル
  2. バナナ農場と花売り:戦場デ少女ハ躰ヲカケル
  3. 一般部隊データ:戦場デ少女ハ躰ヲカケル
  4. 地形効果:戦場デ少女ハ躰ヲカケル
  5. 女皇の帝国 内親王那子様の聖戦

2007年9月 3日

鍵とバット

オープニングでの屋上野球はこの伏線だったのかぁッ!!

なんかこう、馬鹿と馬鹿が馬鹿な事やりあってるのを見るのは辛いですね。いや、関係する3勢力の事だけど。その中でもトゥリアビータが一番マシに見えるのはまあ、結局は部外者として描かれているからなんでしょうが。

で、それ以外の世界は空気と。今回の件でグランドロッジ側も部外者化しましたから、世界をどっちに転がすという目論みも持たず単にアイドルに執着するだけのアイドルマスター課の面々がキャスティングボードを握ってしまったわけで。あーあ。

しかし、グランドロッジも単にアイドルを5体集めないのが目的なら、こんな事せずとも無力化しているテンペスタースをどこかの僻地に持っていってウルトゥリウスなり何なりで破壊すればいいだけだし。(5体集めてから破壊しなくてはいけないわけではないようだし)

またアイドルマスター課の方にしても「一切合財を世間にばらす」とか考えもしない(てっきりやよいがマスコミ=世間代表の役割なのかと思っていたんだけど)のは何故なのやら。素人集団を銃持った連中に当てるなんてのは(素手の相手にいきなり銃を撃ったりはしないだろうという目論みがあったとしても)無責任にも程があるし、そもそも施設を奪還できたとしてもこれでは不法占拠にしかならないので予算の裏づけもなく立ち枯れるだけだし……。

結局は、カラスのはったりに腰砕けになったジョセフに責任を押し付けて逃げた(いつもの事だけど)せいで問題にはならなかったわけですが。

今回での意味のある進展は、落ち込むのに飽きた春香が前向きになった、というのだけかも。話が全然深くならず設定開示と現状説明に終始するのはそろそろ飽きたので、次こそはちゃんと修羅場ってほしいな。

関連記事

  1. アイドルマスター XENOGLOSSIA
  2. ただいま。おかえり。
  3. コンペイトウ夜話
  4. 鍵盤
  5. 不協和音【雑音】
  6. ニヴルヘイム
  7. ムスペルヘイム
  8. 501号室
  9. なんかうごきづらい
  10. 格納庫天国
  11. アイドルとアイドル
  12. 迷子の兎
  13. サヨナラ
  14. かえりみち
  15. 最後の・プリン

2007年9月 2日

スカイ・ホライズン

これくらいの作品だとわざわざ感想書いたりしないのが常なのですが、ライトノベルジャンル論が気になるので対照としてアメリカでのそれをさらっておこうかと。と、前置きして。

ただ今開催中の世界SF大会 Nippon2007 にてゲスト・オブ・オナーとして招待されているデイヴィッド・ブリンの新作ヤングアダルト・ノヴェラ『スカイ・ホライズン』が S-Fマガジン2007年10月号 に丸ごと収録されています。Colony High シリーズの第一作 とあるのでシリーズ物の1巻なわけですがこれだけで一応切りも付いています。

続きを読む "スカイ・ホライズン" »

寄生もの?

続きを読む "寄生もの?" »

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

ブログ妖精

  • ココロ

Affiliate

無料ブログはココログ