« 僕たちのパラドクス2 -Acacia1429- | トップページ | Windows Live Writer(Beta) »

2007年9月15日

IN THE SKIRT イン・ザ・スカート

少女病』『清純病』に続く3冊目の単行本。またまた あとがき で吐血。(笑)

君はアイドル

マネージャーに 「写真集の前にちょっと色気を出してこい」 などと言いつけられたつるぺたアイドル葉月ちゃんは隣の幼なじみの直純くんに……。胸の無い自分が彼に受け入れてもらえるのか不安な彼女の純真さが印象的。

「『皆の為の葉月(おまえ)』なんか 誰が見るかよ」 
「え? それって……」

……いや、純真というより単なる天然ですか?(笑)

カンバンムスメ

揚げ物屋(つうかコロッケ屋?)を1人で切り盛りする成里子さん。いつも元気だった天然スケコマシ少年の榎本くんが落ち込んでいるのを見てメンチを奢ってあげたらメンチといっしょに自分もいただかれてしまいましたとさ。

本当は「なでなで」の話。

カバー剥いだ裏表紙に後日談あり。キャラ的には彼女がいちばん好みかも。ショート好き。

森の棲処

「サキ? うちのバーチャンと同じ名前だ」 
「――ほう 元気か?」
「いやもう寝たきり
オレのことも時々ジーチャンと間違うし」
「――そうか
人は 短いな」

そう言った 少女の声は鈴のようで

森の隠れ里に住む少女。人を遠ざけて生きて来た彼女の所に昔ふれ合った少女の孫の男の子が迷い込んできて……。

欲望を「持ってしまう事」の残酷さ。終盤の逆転が見事。

ちいさな恋のメロディー

昔からちっちゃいまんまのいとこのお姉さんのひろかさんが家庭教師に来てくれたんだけれども、彼女にオナニーを見られてしまったゆうくんはそのまま勢いで……。

「あれ… あれれっ…
ちっ…違うの 涙(これ) びっくりして出ただけだから…
大丈夫だよっ 私 ゆうくんの事 好きだもん」

『森の住処』が欲望を止められない子供の話なら、こちらはそれの反例。ラストでは大きくなってるしね。(ゆうくんの方だけは)

クライベイビーパーキーベイビー

やって来た時から剣呑な 金髪へき眼(原文ママ) の転入生宮野木アンジェリカに苦手の英語を教わる事になった盛岡譲。しかし彼女は……。

「……この先も
…興味… ……ない?

で誘惑してきて、しかし震えながら、騎乗位で入れてきて、そんな場面になってからやっと初めて告白する事が――。どんだけツンデレですか。

最後は呼び名が 泣き虫アンバカユズル に。ごちそうさまでした。

ネバーランド

それは永遠の子供の国。入院して寝たきりの沙那。彼女の『おねがい』を兄は拒めたためしはなく……。

嘘が苦手なお兄ちゃんに
ふたつも秘密を
持たせちゃってごめんね

この作者、この手の話を描かせるとあいかわらず絶品です。

春逝き

……というようなロマンに自ら意図して「浸り込んで」しまう少女を描いてしまうのも作者のバランス感覚の優れる所。

卒業すれば この町を離れれば
私は先生(あなた)を 喪える

(中略)

ただ『女』になって
絶望される前に
あなたを喪えるのだ

「演じる」側にとっての少女ロマン。表紙にもなっている彼女倉橋ハルキのこの「奇麗」な話が、この本全体を実質閉めるエピソードでしょうか。

塔の魔女

2話+エピローグで構成される、本の最後1/3近くを占める「魔法系ファンタジー」。美形閻魔導書レファと貧乳魔女コーデリア・フォルテの恋物語。

今回の続きものは
明るいお話です。(あとがき)

いや、充分に暗いから。確かに巻末コラムのテーマになっている『愛玩調教師』あたりに比べれば明るいけど、それは比べるものが間違ってるから。でもエピローグのせいでギャグになれているけどね。

総括


あいかわらず貧乳ですばらしいです。

……もとい、あいかわらず構成がすばらしいです。職業人(アイドル、看板娘)を支える癒し系な彼の話×2 に続き、欲望に(それを持った当人が)蹂躙される話、それを受け欲望を止め成長する話を繋ぎ、そこで出ている「先生」のモチーフを引き受けつつ「思い出」の話へと。そして思い出を「刻み付けて」逝く悲劇へと引いて、最後に意図してそれを演ずる『春逝き』へと。最後はコメディー系ファンタジーで閉めてめでたしめでたし。前作でのそれを更に洗練させています。

……まあ、偶然そうなっちゃった、という可能性の方が高いんですけどね。それでもテーマの一貫性があるからこその効果ではあります。……まあ、ワンパターンとも言うかもしれないですが。でも静かな進行と軽めの絵柄なのに話の密度が高い作家なので、これはこのまま突き詰めて欲しいところです。

ついで

表紙を剥ぐと『メガネ分補給』(笑)

関連作品・記事

« 僕たちのパラドクス2 -Acacia1429- | トップページ | Windows Live Writer(Beta) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

桐原小鳥」カテゴリの記事

美少女」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68856/16451031

この記事へのトラックバック一覧です: IN THE SKIRT イン・ザ・スカート:

« 僕たちのパラドクス2 -Acacia1429- | トップページ | Windows Live Writer(Beta) »

ブログ妖精

  • ココロ

Affiliate

無料ブログはココログ