« Contents☯2007年6月 | トップページ | 涼宮ハルヒの戸惑 »

2007年7月 1日

Tkinter の Text Widget でのショートカット

Windows XP での Tkinter の何も設定していない素の Text(ScrolledText) Widget で、キーを CTRL キーと同時押しした場合のショートカットの動作を調べてみました。参考のため IDLE と Windows のメモ帳での例も並べておきます。

CTRL+? による動作
TextIDLEメモ帳
TextIDLEメモ帳
a行頭 全て選択
b ×
cコピー
dDEL ×
e行末 ×
f 検索
g× 次を検索 行へ移動
hBS 置換
iTAB
j× × 改行
k行末まで削除 ×
l× 画面中央に ×
m× × 改行
n New Window 新規
o改行 開く
p 印刷
q× Exit ×
r× × ×
s× 上書き保存
t文字を1つ後ろに ×
u× × ×
v貼り付け
w× × ×
x切り取り
y× × ×
z取り消し 元に戻す
/全選択 × ×
前の単語
次の単語
前の段落 ×
次の段落 ×

IDLE はメニューの Config での Keys の設定が IDLE Classic Windows の時のものです。でもそこで見える設定と実際の動作が CTRL+d あたりでは違いがあるのですよね。これはどういう事なんだろう。

CTRL+z での動作ですが。TextIDLE のそれは Undo ですが、メモ帳のは Undo Redo のトグル動作です。つまりメモ帳は1つ分しか Undo 出来ません。

« Contents☯2007年6月 | トップページ | 涼宮ハルヒの戸惑 »

Python」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68856/15613088

この記事へのトラックバック一覧です: Tkinter の Text Widget でのショートカット:

« Contents☯2007年6月 | トップページ | 涼宮ハルヒの戸惑 »

ブログ妖精

  • ココロ

Affiliate

無料ブログはココログ