« 樹海人魚:中村 九郎 | トップページ | ニヴルヘイム »

2007年6月19日

谷川流妹三角、猫、その他の存在。

電撃!!イージス5
電撃!!イージス5 Act.2

うわぁーお! 電撃!!イージス5のファンアートなんて初めて見たよ!! ていうか涼宮ハルヒの~以外の谷川流作品のファンアートなんて初めて見たよ。(CG定点観測で検索しても絵師さん当人のやつしか出てこないし)

これは良いツンデレですね。李里かわいいよ李里

谷川流を語るに色々な着眼点があると思うのですが、メタフィクションだの装置だのの表層構造を語っても今世紀となっては語るまでもない事ですし、ミステリーとしてははっきり失敗してばかりだし、SFについては「手垢の付いた」という形容が付く代物だしで、無知なアニメオタクを煙に巻くアイテムとしては別として、マーケットではなく作品を語るには役不足な要素ばかり。やはり谷川流を語るなら、。そして。さらに言えば、失敗している幼馴染。その影から現れる告知者。これでしょう。

イージス5 はデビュー作だけあってこれらの要素が綺麗に揃っていますね。

学校を出よう!李里はもちろん主人公逆瀬川秀明の実妹なわけですが、実はイージス5(いや作中でこういうチーム名が出ているわけではないですが便宜上)の面子は皆、秀明の祖父の家に生活込みでやっかいになっているという点、そして任務において彼の指示を乞うという点で秀明の位置に居る事になります。重要なのは、彼は父でも上司でもなくあくまでだという所。父や上司の立場は不在の祖父逆瀬川博士のもので、彼はなりゆきで不安定な保護者の地位を押し付けられているだけ。キャラはそのキャラそのものというより主人公の、(並列の関係ながら責任と面倒を押し付けられる)としての特性を明確にするための存在になります。ですので往々にしてその機能が2人(かそれ以上)のキャラに分けられるわけで。涼宮ハルヒの~におけるキョン妹涼宮ハルヒ学校を出よう! 1 における高崎佳由季に対する生者と死者の双子の妹絶望系における杵築に対する烏衣ミワ死神もこのバリエーションですが、ここでは最後に告知者に転化して建御の方に責任を押し付けるという凝った構成でセルフパロディーをからめ作品テーマに繋げています。実と虚の。最新シリーズのボクのセカイをまもるヒトにおいては兄妹と限らずに、実生活をである主人公朝凪巽に頼る物語の影のフィクサーな朝凪津波と5メートル以上離れると半径30キロメートルを道連れに自爆するロボット妹猫子の、それぞれ告知者の役割を兼ねる洗練された形態に到っています。

閉じられた世界怪異が日常を侵食する象徴。イージス5 においては作中での一切合財の騒ぎの原因であり結果であり拠点でありつまり象徴である逆瀬川博士の家が屋敷と化しています。涼宮ハルヒの~においても喋ったり宇宙的生命体に憑かれたり。そしてボクのセカイをまもるヒトではロボット。単なる怪異でなくその愛すべき存在感により怪異を日常化してしまう、それが。そして唯一の存在しない絶望系では、怪異はそのまま絶望に。

幼馴染

学校を出よう! 2失敗している、の意味は二通り。まず作中で読者が感情移入すべきキャラ立てに失敗。そして幼馴染ヒロインとして主人公の攻略に失敗。ここで幼馴染と言うのは広い意味で、ギャルゲー界における用語での「再会型幼馴染」や、「近親相姦に踏み込まない姉妹」も含みます。つまり谷川流における主人公は怪異と共に出合ったヒロインに惹かれ、過去の女とは恋愛成就しない、というパターンが確定してしまっていて、それが一般的なラブコメパターンつまり三角関係を機能させ難い原因になっています。また同様のロジックで「馴染みの同級生」も恋愛対象から外れてしまい、ボクのセカイをまもるヒトにおける森村千夏のように邪推からめて外部視点を出すだけだったり、涼宮ハルヒの憂鬱における朝倉涼子のように……。

告知者

ボクのセカイをまもるヒト ex作中で何らかの勢力や思想の代弁者として語る者。涼宮ハルヒの~における宇宙人、未来人、超能力者とか、ボクのセカイをまもるヒトにおける《妖精》、《剣精》、《魔術師》とか、絶望系における天使、悪魔、死神、とかの固有名以外の抽象名が付随する場合が多いです。イージス5 におけるガニメーデスのように主人公の傍らで解説しまくりの場合と、逆瀬川博士黒○○のように重要な場面に唐突に登場して解説する場合とがあります。谷川流作品の「味」を形作っている重要な存在ですが、設定や状況を体現はしても作品テーマそのものとは深く関わらない場合が多いです。有り体に言って、煙幕。


GALAXY’S CHILDというわけで、以上の駄文もその煙幕なわけですが。

涼宮ハルヒの~以外の谷川流作品も流行ってほしいですね。特にこのイージス5ハルヒの下のドジョウを狙うにはいいアイテムだと思うんだけど……主人公とヒロイン群の年齢差が問題かな。でも李里を早めに出して秀明を高校生にしたりすればかなりいけると思うけどね。

« 樹海人魚:中村 九郎 | トップページ | ニヴルヘイム »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

谷川流」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68856/15490234

この記事へのトラックバック一覧です: 谷川流妹三角、猫、その他の存在。:

« 樹海人魚:中村 九郎 | トップページ | ニヴルヘイム »

ブログ妖精

  • ココロ

Affiliate

無料ブログはココログ