« ニヴルヘイム | トップページ | 十八時の音楽浴 漆黒のアネット:海野 十三, ゆずはら としゆき »

2007年6月21日

朝日ソノラマ会社解散

トレジャー・ハンター八頭大 ファイル3

ライトノベル出版からの撤退は(近年のその低調ぶりから)予測の範囲、というか時間の問題だと思っていましたが、会社自体が危なかったのか。ソノラマ文庫という歴史のあるレーベルのネームバリューを生かせていなかったあたりで会社自体の寿命も尽きていたのでしょうね。相対する少女向け文庫のコバルトあたりは不安無く毎月刊行されていますし、レーベルの歴史の長さ自体とは関係ない話ではありますが。

2007年06月21日20時12分

 出版社の朝日ソノラマ(資本金2億円、飯田隆社長)は21日、9月末で会社を解散し、業務は同社の株式を100%保有する朝日新聞社が引き継ぐ、と発表 した。9月の臨時株主総会で正式に決める。債務超過が続いているうえ、社員の高齢化が進み、経営再建は難しいと判断した。朝日新聞社は、希望する社員の職 場も確保する。

 59年に設立され、ソノシートと雑誌を合わせた「月刊朝日ソノラマ」を発刊。現在はコミックを核に、ノベルスや一般書などを出している。

 10月以降は朝日新聞社から書籍、コミックの単行本などを刊行する。隔月刊コミック4誌のうち「ほんとにあった怖い話」「ネムキ」「ネムキ増刊 夢幻館」も発行を続けるが、「ほんとにあった笑っちゃう話」は9月発売号までで休刊する。

 朝日新聞社の篠崎充・出版本部長補佐は「優良なコンテンツを引き継ぎ、発展させていきたい。コミックは、これまでの朝日新聞にはなかったもので魅力を感じる」と話している。

asahi.com朝日ソノラマ、9月末で解散 債務超過続く - ビジネス

マンガ誌も刊行を続けるみたいだし、親会社の朝日新聞社に吸収という事らしいですね。

 朝日新聞社は21日、全額出資子会社の出版社、朝日ソノラマ(本社・東京、飯田隆社長)を9月末で解散すると発表した。20年にわたり債務超過が続き、累積債務が約16億円に上ったことから、自力再建は不可能と判断した。

  同社の債務と出版物は朝日新聞社が引き継ぐ。朝日ソノラマは昭和34年創業。日本で初めてソノシート付き雑誌を発行したほか、「鉄腕アトム」などテレビア ニメ主題歌のソノシートを組み合わせたコミックが人気を呼んだ。近年は若者向けのソノラマ文庫や女性向けコミックが主力になっていた。

(2007/06/21 19:22)

朝日ソノラマ解散へ 20年にわたり債務超過|文化|カルチャー|Sankei WEB

20年に渡り赤字続きという事は、ライトノベルがどうこう騒がれ出した頃には既に赤字出版社だったわけか。まあしょうがないですね。

ソノラマ文庫もブランドとしては残る――どころか、強力なバックを持って刷新され、ライトノベルの台風の目となるかもしれませんし。今後に注目です。

« ニヴルヘイム | トップページ | 十八時の音楽浴 漆黒のアネット:海野 十三, ゆずはら としゆき »

ニュース」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68856/15512426

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日ソノラマ会社解散:

« ニヴルヘイム | トップページ | 十八時の音楽浴 漆黒のアネット:海野 十三, ゆずはら としゆき »

ブログ妖精

  • ココロ

Affiliate

無料ブログはココログ