« オワリ | トップページ | 地形効果:戦場デ少女ハ躰ヲカケル »

2006年4月 2日

清純病:桐原 小鳥

(サイドバーの「読んだもの」より移動)

少女病』に続く第2単行本。って あとがき でまた吐血してるぅ。(笑)
 短編というものの威力は今のメディア中では美少女マンガというものが一番なのかも。そんな強力な短編が一冊に構成されると……。,
 父性の喪失/代替 (ラブ・ドール, 王子様のお姫様, おとうさん, しあわせの種) から始まりボーイッシュな少女とガーリッシュな少女の百合的補完 (きみの騎士, あなたにはかなわない, 夏を抱きしめて) を間に挟み、そして『ことりたちのものがたり』があえて避けた暴虐 (愛玩調教師) へと……泣。(書き下ろしの「エピローグ」があって良かった)
 カバーめくるとある作品の長さに見合わぬ偏執狂的な用語集も凄いです。いや短編だからこそこういった用語の断片で世界を広げる必要があるのかも。 05/11/13 (★★★★)

出版:久保書店 ワールドコミックスSP (表紙)

« オワリ | トップページ | 地形効果:戦場デ少女ハ躰ヲカケル »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

桐原小鳥」カテゴリの記事

美少女」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68856/9400977

この記事へのトラックバック一覧です: 清純病:桐原 小鳥:

« オワリ | トップページ | 地形効果:戦場デ少女ハ躰ヲカケル »

ブログ妖精

  • ココロ

Affiliate

無料ブログはココログ