« 灯る炎 | トップページ | 涼宮ハルヒの陰謀:谷川 流 »

2005年10月18日

鏡像の敵:神林 長平

(サイドバーの「読んだもの」より移動)

  • 神林 長平 著: 鏡像の敵
    神林 長平 著: 鏡像の敵
    1985年1989年初出の短編6本。初出時に読んだ時には解説で桜坂洋氏が書いている事と同じようなイメージ――世界とのずれの問題――を思ったのですが、今読み返すとタイトルにある鏡像――意思を分身へ仮託[してしまう/されてしまう]事――の問題に惹かれます。それは時代の流れもあるでしょうが、読み手である私がやっとこの時(つまり『七胴落とし』の次)の神林氏の感性に追い付いた、という事かも。 2005年9月 4日 (★★★)

Wikipedia, はてな

出版:早川書房 ハヤカワ文庫JA (紹介)

« 灯る炎 | トップページ | 涼宮ハルヒの陰謀:谷川 流 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

神林長平」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68856/6461036

この記事へのトラックバック一覧です: 鏡像の敵:神林 長平:

« 灯る炎 | トップページ | 涼宮ハルヒの陰謀:谷川 流 »

ブログ妖精

  • ココロ

Affiliate

無料ブログはココログ