« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月の21件の記事

2005年10月31日

Contents☯2005年10月

続きを読む "Contents☯2005年10月" »

2005年10月28日

ロクメンダイス、:中村 九郎

(サイドバーの「読んだもの」より移動)

はてな

イラスト:dow HP『Soft landing

出版:富士見書房 富士見ミステリー文庫 (紹介, コラム)

2005年10月26日

わたしたちの田村くん 2:竹宮 ゆゆこ

(サイドバーの「読んだもの」より移動)

  • 竹宮 ゆゆこ〔著〕: わたしたちの田村くん 2
    竹宮 ゆゆこ〔著〕: わたしたちの田村くん 2
    やったぁ~ヘタレだぁ。ヘタレの田村だぁ。神武天皇もご照覧あれ! ライトノベルを代表するヘタレ主人公の誕生ですぞ!! 前巻は各ヒロインの話でしたが今回は主人公田村くんの話。「わたしたちの安心毛布」 田村くんのヘタレの話。前向きにヘタレる田村きゅんのガマの油流しながら苦悩する様をひたすら堪能するべし。ノリが前巻での「恋愛ギャルゲー一般」から 「恋愛ギャルゲー最先端」にまで到達(とはいえ前世紀末あたりのノリですが)してますので「そういうのに興味はあっても実際にゲームする暇も無いし18禁 コーナーに行くのもなんだし」という人がそれを垣間見る向きにもお勧め。今回のエピソードはこの巻で終わりのよう(まだ電撃hPaの 『わたしたちの 超! 田村くん』なんてのもありますが)ですが。「わたしたち」と言いつつ未だヒロイン2人の顔合わせもまだですので、続編で是非とも3人でのスクール・デイズも見せて欲しいものです。 2005年9月25日 (★★★★★)

関連:『わたしたちの田村くん 2』をやっと入手

Wikipedia, はてな, まんが王倶楽部

イラスト:ヤス HP ヤスケン。 日記(9月20日)

出版:MediaWorks 電撃文庫 (紹介)

2005年10月24日

トーチとフレイムヘイズ

灼眼のシャナ 第3話

ノエイン観た直後に見ると解説臭さが鼻につくなぁ。小説からのベタ移植だからかなぁ。でもその原作小説を読むと今度はアニメの脚本みたいに見えるんだよね。

でもメロンパンを食べるシャナが幸せそうだからまあいいか。話も王道なだけあってそれなりに笑えますし。

しかしこの手のヒロインとヒーローの立場が入れ違っているタイプのそれっていつごろから流行ってたっけ? 最近ではショタ系主人公大流行ですからそれこそ山ほどあるわけですけれども。

  1. 全ての終わり、一つの始まり
  2. 灯る炎

イエデ

ノエイン もうひとりの君へ 第2話。

アトリさん楽しいなぁ。(笑)

つーか、既に人間やめてないですか彼。まあ一番人間味にあふれているのも彼ですけど。

お風呂ハルカたん萌え。しかしユウイサミも小六の子供には見えないね。高校生くらいの精神年齢か? 雪恵ちゃんは中学生くらいにしか見えないけど。(笑)

舞台になっている函館山の夜景奇麗ですね。さすがは世界三大夜景と言われるだけの事はあります。

ところで大人たちは姓も名も漢字なのに子供たちは皆、名がカタカナというのは何かの伏線なのだろうか。こっちの世界の15年後に近似する異世界 ラクリマ時空界 のキャラたちは皆カタカナで名のみですが……これは単なるコードネームだから?

2005年10月23日

『テヅカ・イズ・デッド』 is dead

本当はたけくま氏の記事の完結を待ち『テヅカ・イズ・デッド』を読んでから書いた方がいいとは思うのですが、そこまで待つと書く気が無くなっていそう。そもそも『テヅカ・イズ・デッド』そのものがどうこうではなく個人的な問題意識と重なる部分についての個人的な覚え書きなので書き捨てで残しておきます。

(たけくま氏の記事に書かれている範囲での)『テヅカ・イズ・デッド』におけるキャラキャラクターの分別ってひところ流行った大きな物語小さな物語の分別と同じく、従来的な文脈に現在の変化を回収しようとする悪あがきであって本質を見えなくしてしまう分類に思えます。

80年代くらいまでは世界観キャラクターストーリーといった要素/用語でメディアを語る事が有効だったのだと思いますが、娯楽の先端が マンガ から MMORPG に移ってしまった現在ではそれらはもう意味が無いのではないか。というか、そういう用語で語ってしまうが故に本質を見誤ってしまう。

概念story icon
学問歴史 博物学
記述法論文 1行メール
プログラム名のあるアプリケーション 使い捨てスクリプト
ソフト開発伽藍
バザール
無数の(マージされない)ブランチ
娯楽メディア演劇
映画
テレビ
漫画
小説
アドベンチャーゲーム
MMORPG
TRPG
シミュレーションゲーム
対戦格闘ゲーム
TCG
情報新聞
ラジオ
テレビ
ミニコミ
2ch
Google
blog
Wiki
データ構造階層
配列
グラフ
主体国家
企業
NGO
家族
個人
ペンネーム
パーソナリティー
キャラクター
意思決定独裁
議会
RFC
コンピュータパソコン
ゲーム機
ケータイ
インターネットWeb 2.0 Flash
音楽ミリオンセラーのCD
どさ回りの演歌歌手
アマチュアの街角コンサート
カラオケ
著作権マンガ専用フォトライブラリー構想 パブリックドメイン
クリエイティブ・コモンズ
フェチ眼鏡っ娘の巨乳メイド 絶対領域
9.11衆院選小泉圧勝意外 当然

これは荒すぎる分類ですし、そもそもこういう風に分類するという事そのものが世界観で見るという事なので既に罠に落ちているわけですが。

『テヅカ・イズ・デッド』でモチーフとしているマンガに関してであれば、ストーリーマンガから(萌え)四コママンガや(ゲーム)アンソロジーへの変化などが対応しているのかもしれませんけれども……。そもそもマンガって新聞の(1コマ)風刺マンガの方が歴史が古いでしょうし、また更に古い鳥獣戯画あたりもストーリーマンガと見るには無理がありそう。ストーリーマンガの方がマンガとしては特殊形態であって近代固有の物、という気もします。

あるいはストーリーゲームとしての(安田均氏等による)捻じ曲がったTRPGの見方の移入が以後の新メディアを(批評・評論のレベルで)理解する基盤となってしまい、尾を引いているきらいもあるかも。

必要なのは、概念(キャラ)と戯れるためにプロによるストーリーという余計な補助を必要とした特殊な事態を相対化して見る事かも。

2005年10月22日

レジンキャストミルク:藤原 祐

(サイドバーの「読んだもの」より移動)

  • 藤原 祐〔著〕: レジンキャストミルク
    藤原 祐〔著〕: レジンキャストミルク
    なんか大塚英志を真に受けたシナリオ専門学校生が真面目に書いてしまいました、的風情の駄作。設計は間違っていないと思うのだけれども、それをキャラの(戦闘途中での)自分語りと太鼓持ち解説役の説明で表現してちゃ小説として駄目でしょう。悪い意味で「アニメ化して欲しい」作品。硝子里緒も萌えるし「頭の良い馬鹿」な主人公も楽しいし、でキャラクター自体は良いのですが。 2005年9月16日 (★★)

はてな

特設ページ:レジンキャストミルク #1 プリン

著者 HP 埋没式フラクタル 発売告知

イラスト:椋本夏夜 HP 椋本工房

出版:MediaWorks 電撃文庫 (紹介)

blackcherry bob

桜庭一樹×桜坂洋『文学フリマ』参加のお知らせ

 いまはとても仲がよいのですが、一ヶ月の作業期間のあいだにだんだん険悪になり、殴り合いになり、一ヵ月後の文学フリマ当日は、となりあって売り子をし ながら目もあわせない!? 顔中に青タンが! 黒いほうの眼鏡割れてるし!? みたいな展開が、ちょっとだけ、すでに予測されます……。とりあえず、はら はらしながら見守っていただけると……。

というわけで「え~バトルアックスで殺し合うんじゃないの?」とか思いつつ 往復書簡サイトを生暖かく見守っていたのですが早速、

「眼鏡なんざ、顔についたゴミなんや! ゴミ箱に帰れ!」です。
 そのあと、正拳で眼鏡を粉砕します。チェスト!

と期待を持てる展開に。

しかし空手有段者がやると素手でも凶器使用と見なされなかったっけ。(そういう問題と違う)

ガンドッグ・リプレイ ストレイ・ドッグ:狩岡 源, アークライト

(サイドバーの「読んだもの」より移動)

  • 狩岡 源 著: ストレイ・ドッグ
    狩岡 源 著: ストレイ・ドッグ
    TRPGシステム紹介のためのリプレイとしてなら何の瑕疵も無い妥当なものですし、「やってる人間だけが楽しい」というTRPGの本質を良くとらえたプレイ内容ですし、あくまでもルールブックの入門者向け補完としてならば誤解(というか過分な期待)を生まない良い本だとは思いますが……きくたけ以後のリプレイ本としてはちょっと辛い。 2005年9月16日 (★)

はてな(キーワード)

著作:ArcLight (紹介)

イラスト:Wolfina HP SNAKE HEART

出版:JIVE (紹介)

アオイユキ

ノエイン もうひとりの君へ 第1話。BANDAICHANNEL にて配信開始。

うっわぁー、アニメアニメしたアニメだなぁ。内容も小学生カップル主人公の異世界(からの)侵入ファンタジーとアニメの王道だし。たまにはこういうベタな力作も良いです。シャナみたく言葉でぐだぐだ説明していないのも良。アニメなんだから絵と展開で説明しないとね。

……いや、コンピュータ・ディスプレイの表示が妙に派手派手だったりする所とか萎えるけれども、まあ所詮アニメだしリアリティー無いのも仕方ないか。

しかしユウの母ちゃん、塾にも行かずきもだめしに行っていた息子を回収するのは良いとして、知らぬ仲でもない他の子供たちへ一言の注意も無いのはどうよ。母子共々煮詰まってますね。もっとも息子の方はまだ小学6年生ですから 子供なんて嫌だ と思ってもひたすら煮詰まるだけで実弾を持とうと意思するまで至らないのはしょうがないですか。

主人公がユウで別人の自分が出る話だと神林長平Uシリーズを思い浮かべてしまいます。SFアドベンチャーでそれの最終話をいきなり読んだのがSF衝撃初体験でした。

2005年10月20日

撲殺天使ドクロちゃん 6:おかゆ まさき

(サイドバーの「読んだもの」より移動)

  • おかゆ まさき〔著〕: 撲殺天使ドクロちゃん 6
    おかゆ まさき〔著〕: 撲殺天使ドクロちゃん 6

    僕はふと、消しゴムの向こうに、経済大国と呼ばれた日本が今後

    ……って、続きは何? 何なの!?

    とりあえず南さん萌え。夜仮面が無駄に格好良いのを何とかしてください。

    2005年9月13日 (★★)

読んだもの:『撲殺天使ドクロちゃん 5

Wikipedia, はてな

著者 blog おかゆの今週の旅 発売告知

イラスト:とりしも HP Unplanned Plot

出版:MediaWorks 電撃文庫 (紹介, 著者エッセイ, 特設)

2005年10月18日

涼宮ハルヒの陰謀:谷川 流

(サイドバーの「読んだもの」より移動)

  • 谷川 流〔著〕: 涼宮ハルヒの陰謀
    谷川 流〔著〕: 涼宮ハルヒの陰謀

    シャミセン1号キョン妹が活躍……はしないけれどもいっぱい登場して満足。

    直前に読んだのが同じく「他人の意思ではなく自分の意思を生きる事」がテーマであった『鏡像の敵』というあたり相手が悪すぎるのですが、こちらの方は比較してSFという道具に使われてしまっているのが如実に。まあSFという表現を使って何かを表現出来るまでに達している神林長平レベルの作家は例外的少数ですので、単なるガジェットで終わらせず設定の深化をキャラクターの心情の進化とリンク出来ているだけでも褒めるべきなのでしょうが。

    「キョンくんはどっちだと思う? 未来人か宇宙人だったら、どっちがいい?」

    次は『朝比奈みくるの純愛』とか『長門有希の初恋』とかになるのか? いや『涼宮ハルヒの恋愛』でもいいけど。

    2005年9月 4日 (★★★)

読んだもの: 前巻『涼宮ハルヒの動揺』, 『絶望系 閉じられた世界

Wikipedia, はてな, まんが王倶楽部

イラスト:いとうのいぢ HP ベンジャミン

出版:角川書店 角川スニーカー文庫 (紹介)

鏡像の敵:神林 長平

(サイドバーの「読んだもの」より移動)

  • 神林 長平 著: 鏡像の敵
    神林 長平 著: 鏡像の敵
    1985年1989年初出の短編6本。初出時に読んだ時には解説で桜坂洋氏が書いている事と同じようなイメージ――世界とのずれの問題――を思ったのですが、今読み返すとタイトルにある鏡像――意思を分身へ仮託[してしまう/されてしまう]事――の問題に惹かれます。それは時代の流れもあるでしょうが、読み手である私がやっとこの時(つまり『七胴落とし』の次)の神林氏の感性に追い付いた、という事かも。 2005年9月 4日 (★★★)

Wikipedia, はてな

出版:早川書房 ハヤカワ文庫JA (紹介)

2005年10月17日

灯る炎

灼眼のシャナ 第2話トーチの悲哀の話ですが、今までひたすら解説者フレイムヘイズをしていた少女の心に灯った炎の話でもあるわけで……最後に繋がるエンディングソングの夜明け生まれ来る少女の歌詞がクルなぁ。

2005年10月16日

第17回 国宝松本城 古式砲術演武

松本城で火縄銃撃ってた

最初は愛知県古銃研究会鉄砲隊。戦国武将風の甲冑が(歴史上はもっぱら足軽がやっていたはずの)火縄銃射撃に違和がありましたが、まあ趣味の領域ですからリアリティーから突っ込んでも意味無いですか。

百匁大筒撃ち(513.1K)

最初だけあって火縄銃射撃の解説とか三段撃ちの薀蓄とか詳しく解説しながらの演武。百匁とかの大筒は攻城兵器だったようですが、どうせなら実弾で太鼓門を破壊するとか見せて欲しかった。(無理だってば)

次が幕末風の(甲冑無し)陣羽織の駿府古式炮術研究会駿府鉄炮衆。御託は無しで集団射撃のバリエーションを一通り。

釣瓶撃ち(905.1K)

まあ和式の銃撃って戦国が終わって進歩が止まってますから欧州でのマスケット銃によるそれのような高度な進化は見られないわけですけれども。

最後が地元、松本城鉄砲隊。足軽風の揃いの装束。

腰撃ち順射(853.1K)

「早撃ち」なんてのも披露しましたが。実戦で使っていた頃は、あの扱いに困る火縄と白煙を撒き散らす黒色火薬には困りものだったでしょうね。火縄銃の銃本体は意外と軽便な(銃床も肩に当てず手で保持するだけという手軽さの)代物なのですが。

どうせなら近所の自衛隊も呼んで模擬戦でもすれば良かったのではないかと思うのですが、小隊を名乗れる程集まった今回の火縄銃手を全部集めても、1個班程度の3点バースト射撃する自動小銃手により簡単に制圧されてしまうでしょうから勝負にならないか。(いやそういう問題ではないし)

松本市公設地方卸売市場 第16回市場まつり

朝からポンポン音がしていたので何かと思ったら近所の卸売市場で市場まつりやってました。

市場なので駐車場は広いはずなのですがそれがいっぱいになってしまう盛況ぶり。普段市場で商っている商品はもちろん、出店もフランクフルト100円、焼きそば200円、大きめの焼き鳥が6本500円と市場らしく良心的値段。

そんな中で1つ250円という強気な値段を付けていたのが四川の豚まん。作る傍から売り切れていた人気ぶりが気になり1つ買って食べてみました。普段食べているコンビニの肉まんとは比べ物にならない上品な美味さ。こんなもの食べていたら口が奢ってしまいコンビニの中華まんが食えなくなってしまいそう。危険だ。

普通ミカンの試食といえば一房単位だと思うのですが、ここでは市場らしく丸ごと一個を試食に提供していました。つーか、みんな勝手に口の開いたミカン箱から取り出して食ってるのですがそれはそもそも本当に試食品なのか?(食ったけど)

でも美味かったのでそのミカン箱10kg入り1つ950円なりを買って帰ったのでありました。

2005年10月14日

全ての終わり、一つの始まり

アニメ版灼眼のシャナ第1話 FLET'S で配信開始。なんかインターネットでも配信されているとおかゆまさきさんの日記にありましたけれども FLET'S が使えるのならその方が速いでしょう。

いきなりの I've サウンドでどこのエロゲーと思ってしまいましたが、内容はいかにもアリガチな伝奇アクション……ってこの回の話、既に知ってる……。ひょっとして原作読んでいたっけか? うーん記憶に無い……文庫を読んだのか電撃hpに載っていたのを読んだのか、いずれにしろ読んだ事も忘れていたようです。……まあこの内容じゃ読んでも1巻で放棄したろうしなぁ。

まあアニメとしてはまともな作り――今回は設定説明で終始してましたが――ですのでしばらくは見続けてみようと思いますが。ToHeart よりマシだったら良いな。……いや、さすがにアレより下という事はありえないでしょうか。

2005年10月 9日

天荒れ地騒ぐ

あわわ。なんか去年の津波ほどではないけれども大災害になっているみたい。そしてその影にひっそりと隠れてハリケーンで……

などというカトリーナもびっくりの被害が。あいたたた。

الزلزال يقتل الآلاف والمنكوبون ينتظرون المساعدات

ハリケーンどころの騒ぎじゃない。今年一番の事件になるでしょうか。合掌。

ついでに地元松本でのこちらにも合掌

2005年10月 2日

ひなどりGIRL(3):松沢 まり

(サイドバーの「読んだもの」より移動)

はてな

アシスタント:喜尚藤吉 HP毒うさぎカプセルWEB

出版:MediaWorks 電撃コミックス (紹介)

25,000 count

2月 14日 設置
5月 5日 5,000
5月 31日 10,000
7月 2日 15,000
8月 13日 20,000
10月 2日 25,000

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

ブログ妖精

  • ココロ

Affiliate

無料ブログはココログ