« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月の21件の記事

2005年9月30日

Contents☯2005年9月

続きを読む "Contents☯2005年9月" »

Contents☯文化・芸術 2005年

続きを読む "Contents☯文化・芸術 2005年" »

Contents☯グルメ・クッキング 2005年

続きを読む "Contents☯グルメ・クッキング 2005年" »

2005年9月24日

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet:桜庭 一樹

(サイドバーの「読んだもの」より移動)

  • 桜庭 一樹〔著〕: 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
    桜庭 一樹〔著〕: 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない

    「死んじゃえ」
    「……死なないよ。うるさいな」
    「じゃ、友達になって」

    推定少女』が子供の夢ならば、こちらは大人の夢。二重の意味での「子供(であった自分)の死」の話。

    実際、他の大抵の事には耐えられたとしても、もう一度子供時代をやり直させられるのだけは耐えられないと思う。大人やるのも楽じゃないけれども子供やるのよりははるかにマシだし。……もっともうさぎやるのよりはどちらもまだマシなんだろうけれども。[イラスト:むー] 2005年8月31日 (★★★★)

はてな

著者 HP Scheherzade (紹介, Diary記事)

出版:富士見書房 富士見ミステリー文庫 (紹介, コラム)

2005年9月23日

9月22日 野々宮神社 例祭

毎年この頃になると近所で花火が上がっていたので気になっていた、松本市笹部にある野々宮神社のお祭りに初めて行ってみました。

派手に花火が上がっていたわりには小さな、典型的「ご町内のお祭り」。付属の公民館で「盆栽展」と「文化展」も併催。22日晩の目玉はその花火とカラオケ大会。花火は10時過ぎくらいがメインだったよう。住宅地の真ん中でそんな夜中に派手に打ち上げていいのだろうかと思わないでもないですが、観光客が来るわけでもないご町内の祭りですから町内からは文句は出ないですか。

賽銭に五円玉一つ放り込んで拝んだだけなのに一献ふるまわれました。しかし拝んだ後になってから祭神すら知らなかった事に気づき探してみたらば……。

縁結び繁栄の御神木

当野々宮神社御神木は長き年月生立茂る欅の大木を御神木としその姿は当神社を象徴するものであります。

この欅は広く深く根を張りどっしりとかまえて一つの根元より二本の幹(男幹、女幹)と分れやがて一つに結ばれ、枝を張り天高く枝を広げ、茂る様は縁結び繁栄の姿を表した霊験あらたかなる御神木であります。

野々宮神社

境内の説明書きより

分裂して合体している木が神様でした。縁結びの神様だったのかぁ。

それはともかく。翌23日午前には町内男子による奉納相撲大会と子供巫女による稚児舞。稚児舞は多賀神社のと同じく定番の浦安の舞。しかしこちらは四人×二組で終わりと小規模。昨日はそれでも十数店は出ていた屋台も四店しか残っておらず観客も家族+αといった程度のまったりとした祭りに。でも最後は篳篥の生演奏をバックにしていたりと簡素ながらしっかりとした神事でした。

2005年9月22日

フルメタル・パニック! 悩んでられない八方塞がり?:賀東 招二

(サイドバーの「読んだもの」より移動)

Wikipedia, はてな

著者 HP 賀東招二オフィシャルサイト gatoh.com

出版:富士見書房 富士見ファンタジア文庫 (特設, 紹介)

2005年9月21日

召喚教師 リアルバウトハイスクール 12:雑賀 礼史

(サイドバーの「読んだもの」より移動)

著者公認リアルバウトハイスクールファンページ K-FIGHT魂

出版:富士見書房 富士見ファンタジア文庫 (特設, 紹介)

2005年9月18日

カップヌール 34歳の誕生日

1971年9月18日、現代日本を代表するこの偉大な食品が生まれた

日清カップヌードル

今日はその34歳の誕生日

3分間待つのだぞ

世界を超え宇宙にまで広がる NO BORDER カップヌール万歳!

……でもいくら記念日とはいえ晩飯がこれだけっていうのはちょっと侘びしかった。

2005年9月16日

『わたしたちの田村くん 2』をやっと入手

今月の電撃文庫の発売日(9月10日)に松本中の本屋を巡っても(他は全部見つけたのに)これだけが見当たらなかった『わたしたちの田村くん 2』、本日になって近所の本屋に一冊だけ入荷しているのを見つけて速攻で入手。この本屋でも発売日には無かったですので、少量だけ入荷して速攻で売り切れたのを追加注文したのが今日入った、という事なのでしょう。

巻末でのイラストレイターヤス氏のあとがきでも、

 ……というのも、実はまだ一度も一巻が書店に並んでいる所を見たことがなく、未だに壮絶なドッキリの可能性を捨てきれずにいたりします。

なんて書かれていますが、このシリーズ出荷数少ないのでしょうか。そりゃー、新人賞上がりでもないエロゲーシナリオライターの手により電撃hpにちびちび書かれた短編をまとめた物と、その書き下ろし続編ですから注目度最低なのは仕方ないですが……いい作品なのに。悲しい。

この竹宮ゆゆこさんだけでなく、清水マリコさんとかエロゲーシナリオ上がりの女流ライトノベル作家はいいもの出してますね。TAMAMIさんとか時野つばきさんとか秋華さんとかライトノベル書かせたら面白そうな人材はまだまだ居ますので、ライトノベル出版社にはもっとこっち方面から発掘して欲しいです。女だてらに男性向け萌えエロ・シナリオを書いている人達は単純にライターとしても個性的でかつ実力派だと思うし。

2005年9月15日

ToHeart Remember my memories 第5話『越えるべき壁』

この回の話は別所で見た覚えが。再見に耐えたのだからそれなりに出来は良いのかな。視点が拡散している事と舌足らず気味の表現が悪いほうにしか出ていない気がしますが原作付きアニメだからこれでいいのか。(詳しくは原作を――という事なんでしょうか)

思わせぶりに登場しておきながら瞬殺された坂下好恵さんが哀れ。というか綾香が強いというよりも雑魚しか来ないエクストリームというイメージしか湧きません。これは一試合で一回、というか数回を使える格闘技アニメではないですから仕方ないですけれども。(見る直前にグラップラー刃牙読んでたりしたもんでアレですし)

しかしマルチミネラルウォーターを飲むとそれを目から放出するという機能があったのか。(違)

さて次回はマルチセリオロボットバトル……という話だったらよかったのですが、格闘話は今回で終わりみたい。残念。展開させると面白いテーマだと思うのだけれどもなぁ。ドリル付けたり。じゃなくて綾香、二人の格闘家の魂を受けたロボ達がそれをどう消化するか、というノリで……ってそんな方向に行ったら今ですら存在感が解説者主人公メインヒロインの存在理由が零になってしまうか。

2005年9月14日

ヴぁんぷ! Ⅲ:成田 良悟

(サイドバーの「読んだもの」より移動)

  • 成田 良悟〔著〕: ヴぁんぷ! 3
    成田 良悟〔著〕: ヴぁんぷ! 3
    前巻からの続き物。このシリーズ小物の小物による小物のための話なので、やはりヴォッド市長に活躍してもらわないと様にならないなぁ。いやこの話最大の大物【ゲル坊】でも充分に小物だけど。 2005年8月20日 (★★)

著者 HP 樹脂鋳造粉乳 # 1 シリーズ解説

イラスト:エナミカツミ HP namihei’s room

出版:MediaWorks 電撃文庫 (紹介 著者エッセイ イラストレイターインタビュー)

2005年9月12日

9月10日 多賀神社 例祭

寿命神様 夫婦御神木通称「お多賀様」。建前はイザナギ&イザナミを祭るそれのようですが実質は背後を流れる田川の神様のよう。

寿命餅寿命餅が有名。あんころ餅。神社隣りの本屋(エロマンガとミリタリーが充実)の所に出店を出していた六萬石本舗(松本市平田西)の1,000円のを買ったのですが、駐車場を利用したJUSCO南松本店を帰りぎわに覗いたら880円にて大量に売っていました。こっちで買えばよかった。つーか惣菜とかはともかくとして何で「アフリカ産 蒸したこ」が「多賀神社祭にどうぞ!」なのだろうか? そのJUSCOで噂のいちごミルク・フィッシュソーセージを見つけたので思わずそれも買ってしまう。祭りとタコのインパクトでおかしくなっていたのかも。

それはともかく。豚汁の無料振る舞いを馳走になった味噌屋の丸正醸造寿命酒(300ml, 500円)なる物も売っていたので豚汁に免じてそれも買う。(中身は山清)

子供巫女舞ここの祭りは花火と、子供巫女舞いが目玉(他に長い棹に下げた長持ゆらしながらねり歩くのもあるけど)なのですが、プラネタリウム行っていたので巫女舞いは最後の一組くらいしか見られず。残念。いや私には草壁桜くんのような趣味は無いのでイベントを逃した無念さ、だけですけれど。

2005年9月11日

第110回 星空音楽館『宮澤賢治★星めぐりの歌~』より

プラネタリウムはいかがでしょう?

☆

どんな時も決して消えることのない 美しい無窮のきらめき

☆

満天の星々がみなさまをお待ちしています


松本市教育文化センターの9月行事予定を見たらば

行事名 対象・定員 日時 受講料 持ち物 内容 申込み受付
星空音楽館 どなたでも 9月10日(土)
18:30~19:30
無料 なし 音楽を聴きながら、プラネタリウムを観ます。
「宮沢賢治★星めぐりの歌~」より
当日会場へ

なんてのがあったので行ってきました。行く前に『planetarian』をリプレイして予習も充分。

プラネタリウムを見たのなんて久しぶりでしたが、良いものですね。普通に空を見上げれば実物の星は観られますけれども、やはり「映される」物と実物とは違いますし。生演奏とレコードの味わいの差、ですか。

内容は上記のごとく『宮澤賢治★星めぐりの歌~』(竹田恵子/コジマ録音)ALCD-7033 を聞きながらプラネタリウムを見るというもの。(途中 プラネタリウムでペガサス座を中心に秋の星座を解説します なんてのも挟まりましたが)

最後のオペラ『シグナルとシグナレス』がシュールでした。


ちなみに現在の光学式投影機が使われるのは今年の11月まで。リニューアル後の来春からは新型のデジタル式投影機に変わってしまうそうなので、レトロなイエナさん(違)に会えるのもあと少しだけ。9月24日(土)からの開館記念行事では無料投影などもありますので、

プラネタリウムはいかがでしょう?

ニッスイ◎いちごミルク・フィッシュソーセージ

あっちこっちで評判のナニ。食べてみました。

……イチゴ味のガムの味?

メロンジュースがメロン味ではないのと同じく、イチゴガムもイチゴ味ではないですよね。そんな風味。でもちゃんと、

いちご濃縮果汁入り

牛乳10%配合

とありますから本物のイチゴが入っているはずではありますが。

14g × 5本 = 70g で 148円でしたのでちょっと割高。これなら普通に丸善ホモソーセージを買って明治いちごオ・レ飲みながら食べた方がお得かも。

……つーか普段から普通にそんな食い合わせの食事をしている自分っていったい……。(^_^;

2005年9月 9日

埼玉で 4m のニシキヘビ

逃げた?捨てた?体長4mのニシキヘビ発見…埼玉

体長 4m の大蛇なんて日本じゃ所在は全部把握されていないとおかしいと思うけれども、けっこう密かに飼われていたりするのでしょうか? これだけ大きいと餌もネズミカエルというわけにも行かないでしょうから食費も大変そう……って爬虫類はそんなに大量に食べないから大丈夫か。

2005年9月 7日

ケロロ軍曹のテンプレであります!

ケロロ軍曹のテンプレ登場。無料だけれども強制的にケロロニュースへのリンクが付くという代物。それを迷惑がるような人なら最初からケロロテンプレなんか使わないわけですし、双方にとって利のあるいいアイデア。

他の番組でもどんどんやって欲しいです。

TypePad1.6 でコメントやトラックバックの一時保留機能追加

ココログが使っている blog エンジン TypePad の新バージョンが出るもよう。

  • コメントおよびトラックバック機能の強化:
    • コメントやトラックバックを、掲載前に一時保留することが可能に

やっとこの機能が付きました。(つーか最初から付いてないと駄目な機能だよ)

希望を言えば、トラックバック元記事での言及リンクの有無アフィリエイトの有無でフィルタリング出来るオプションを付けてくれるとスパム退治に有効だと思うのですが。どんなもんでしょうか?

2005年9月 5日

南軍騎兵大尉ジョン・カーター:吉岡 平

(サイドバーの「読んだもの」より移動)

  • 吉岡平 著: 南軍騎兵大尉ジョン・カーター
    吉岡平 著: 南軍騎兵大尉ジョン・カーター
    南北戦争時代を描く日本人の手になるフィクションというのは貴重ですね。最初の近代戦でありまた「帝国」としてのアメリカ合衆国というのは実質この Civil War から始まったわけで。正に「現代」はこの戦争によって作られたと言っても過言では無いかも。 2005年8月15日 (★★)

イラスト:末弥純 ART JEUNESS

出版:朝日ソノラマ ソノラマ文庫

2005年9月 4日

Holy☆Hearts! 想いを伝える、まなざしです。:神代 明

(サイドバーの「読んだもの」より移動)

  • 神代明〔著〕: Holy☆Hearts! 想いを伝える、まなざしです。
    神代明〔著〕: Holy☆Hearts! 想いを伝える、まなざしです。
    ただの短編集……かと思ったら! いや死にフラグ立ってるのはキュノで、キュノを殺されたエクスが血涙を流しながら復讐の鬼になる、というのが今後の展開かな? と思っていたのですがよく考えたらキュノって主人公でしたっけ。ただのマスコットのような気になってましたが主人公だったか。それは殺せないですよね。……そうかぁ。死にフラグ立ってたのはエクスの方かぁ。 2005年8月14日 (★★★)

イラスト:緋賀ゆかり HP ハイウェイ*スター

出版:集英社 スーパーダッシュ文庫 (シリーズ紹介)

2005年9月 3日

ヤーンの朝 グイン・サーガ103:栗本 薫

(サイドバーの「読んだもの」より移動)

  • 栗本薫 著: ヤーンの朝
    栗本薫 著: ヤーンの朝
    年齢2桁のじいさま達は赤ん坊にご執心。年齢3桁のじいさま達は英雄にご執心。

    これで、また、ぼくたちは、《振り出しに戻》ったんだよ。――そうして、また何もかもあらたにはじめられるんだ。

    記憶を無くしたグインはそれを象徴する(Tarot の The Fool のイメージそのままの)マリウスと再会し物語はやっと進み始めます。 2005年8月13日 (★★)

続きを読む "ヤーンの朝 グイン・サーガ103:栗本 薫" »

2005年9月 2日

Hurricane Katrina

聞いてカトリーナ ちょっと言いにくいんだけど 聞いてカトリーナ

テロよりも自然災害の方が国家安全保障上の重大事だね

聞いてくれてあーりがと カトリーナ
\______ ______/
          |/
         ∧_∧
  (○)   (∀・  )
  ヽ|〃    (∩∩  )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

ブログ妖精

  • ココロ

Affiliate

無料ブログはココログ