« ToHeart Remember my memories 第1話『新しい予感』 第2話『昔と、今と』 | トップページ | ToHeart Remember my memories 第4話『強さと、優しさ』 »

2005年8月27日

ToHeart Remember my memories 第3話『そして、君は』

続けて第3話。

マルチの方は「記憶と感情の欠如に拘る」というロボット離れした感情をちゃんと持っているわけですが……あかりの方がロボットみたいだ。でも最後にマルチの頭から飛ばされた麦わら帽を手に抱き合う二人を眺めるあたりで……修羅場か? 修羅場なのか!?

先への期待はともかくとして、1~3話の範囲だと感情の根拠が(視聴者に)示されないのでおいてきぼり感が。その場面その場面であかりが何を考えているのかがよく分からない。単純にマルチを慮っているならもっといろいろと自分でも行動しそうですが浩之ちゃんとマルチを観察しているだけ。聞かれたら答えるけれどもただそれだけ。「浩之ちゃんとマルチちゃんの問題で自分の問題ではない」と思っているのか? まあ画面に現されていないだけでマルチと裏ではいろいろと話はしているのでしょうけれども画面に出る分だけだと設定開示とキャラ表現の域を超えずキャラの関係(の変化)を表現されていない。

まあ浩之の方は何も考えていない延髄反射キャラなんでしょうからどうでもいいのですが。

« ToHeart Remember my memories 第1話『新しい予感』 第2話『昔と、今と』 | トップページ | ToHeart Remember my memories 第4話『強さと、優しさ』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68856/5666815

この記事へのトラックバック一覧です: ToHeart Remember my memories 第3話『そして、君は』:

« ToHeart Remember my memories 第1話『新しい予感』 第2話『昔と、今と』 | トップページ | ToHeart Remember my memories 第4話『強さと、優しさ』 »

ブログ妖精

  • ココロ

Affiliate

無料ブログはココログ