« D.C. ~ダ・カーポ~ #25:壊れゆく心 | トップページ | D.C. ~ダ・カーポ~ #26:最終回 »

2005年8月 9日

絶望系 閉じられた世界:谷川 流

(サイドバーの「読んだもの」より移動)

  • 谷川 流: 閉じられた世界
    谷川 流: 閉じられた世界
    『烏衣カミナの絶望』とでも題して『涼宮ハルヒの憂鬱』の次にでも出せば良かったのに。「裏ハルヒ」であると同時に「谷川流の解説」的な小作。「世界が装置である」というミステリー・ジャンル的な規定を前提に装置達とその完成/完結を解説するストーリー。いつもの作品にも増してキャラが「単なる記号」なので衝撃的である筈のオチ(というか設定開示)にも何の感慨も無いですが、それも含めて作品意図なのでしょう。世界は装置なのはいいとしても、キヅキとミワをその閉じられた世界の外に(あるいは中心に)置こうという「意思」は誰のもので、そしてそれは成功したのか? 続編、あるいはもう一つ外輪を描く新たな話が必要。 2005年7月16日 (★★★)

イラスト:G・むにょ HP 夢ノ如シ

出版:MediaWorks 電撃文庫 (紹介, エッセイ)

« D.C. ~ダ・カーポ~ #25:壊れゆく心 | トップページ | D.C. ~ダ・カーポ~ #26:最終回 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

谷川流」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68856/5384946

この記事へのトラックバック一覧です: 絶望系 閉じられた世界:谷川 流:

» [本] [「短歌と短剣」探検譚]
「絶望系 閉じられた世界」谷川流(新刊 BK1)を読む。面白い。 ラノベ。実験作。アンチミステリ。小学生は読むの禁止の方向で。 「涼宮ハルヒの憂鬱」を読んで、つまらなくないけどエラく古典的というかジュブナイルSFみたいだな、という感想を持っていたので続刊は読んでな... [続きを読む]

« D.C. ~ダ・カーポ~ #25:壊れゆく心 | トップページ | D.C. ~ダ・カーポ~ #26:最終回 »

ブログ妖精

  • ココロ

Affiliate

無料ブログはココログ