« D.C. ~ダ・カーポ~ #22~#24 | トップページ | 絶望系 閉じられた世界:谷川 流 »

2005年8月 8日

D.C. ~ダ・カーポ~ #25:壊れゆく心

これは音無の夢? いや、それともさくらの夢か?

分からないの?

『D.C.』第25話

祝福だったはずの桜は呪縛になる。首輪指輪になってもそれはやはり首輪

夢を得てそれを生きる音無と、夢を失いそれを望むさくら
その現実を否定する音無と、その現実から逃げ出そうとするさくら

これが陵辱系エロゲーだったら絶対の存在である主人公がハーレムとして皆を支配してしまえばそれで済む話なのですが、それはそれでアジールへの逃避、ただの棚上げのモラトリアムでしかなく。

『ToHeart』レベルの純愛系学園恋愛ゲームへの批判という性格が『臭作』のような陵辱系ゲームにはあったわけ(もっとも『臭作』は『同級生』に対するセルフパロディーでしょうが)ですが、その後の『D.C.』あたりの世代の恋愛ゲームは純愛系学園恋愛ゲームの範疇を保ったままそれを行おうとしている。

(『ToHeart』のような古典的)恋愛ゲームの描く世界は(小説や漫画やTVドラマのそれと同じく)現実ではありえないファンタジーの世界なわけですが、そのファンタジーを求める心そのものを作品の主題にしている。恋愛における勝者と敗者が共にそのファンタジーの重さに苦しみ押しつぶされてゆく様を丹念に描いている。

これが原作ゲームの時点で既にこうなのか、アニメ化したらこうなったのかは知りませんが。なかなかに野心的な作品に仕上がっていますね。

次回はいよいよ最終回。なんか『最終回』というタイトルの最終回みたいですが、どんな話になるのでしょうか。楽しみ。

« D.C. ~ダ・カーポ~ #22~#24 | トップページ | 絶望系 閉じられた世界:谷川 流 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68856/5370086

この記事へのトラックバック一覧です: D.C. ~ダ・カーポ~ #25:壊れゆく心:

« D.C. ~ダ・カーポ~ #22~#24 | トップページ | 絶望系 閉じられた世界:谷川 流 »

ブログ妖精

  • ココロ

Affiliate

無料ブログはココログ